クリープハイプのチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数141,746枚、本日の新着チケット数74

クリープハイプのライブ・コンサートチケット一覧

クリープハイプは、日本のロックバンド。 メンバーはボーカル・ギターの尾崎世界観、ベースの長谷川カオナシ、ギターの小川幸慈、ドラムの小泉拓の4人組。 2001年に結成、2009年から現在のメンバーで活動を始める。2012年4月にアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」でメジャーデビュー。 同年5月には全国ワンマンツアー「つま先はその先へ」を開催。11月には東名阪ツアー「アンコールはどうする?」を行った。 2013年7月に2ndアルバム「吹き零れる程のI、哀、愛」をリリースし、10月より同アルバムを引っ提げた全国ツアー「秋、零れる程のクリープハイプ」を開催した。 自身初の武道館ライブは、2014年4月16日の「平日の武道館 バイト編~ねぇ、シフト代わってくれない?~」と、翌17日の「連日の武道館 正社員編~有給休暇の使い道、これが私の生きる道~」と題して2日間開催された。 2015年1月から3月まで、全国ライブハウスツアー「一つじゃつまらないから、せめて二つぐらいやろう 前編」、3月から5月まで全国ホールツアー「一つじゃつまらないから、せめて二つぐらいやろう 後編」を敢行。 さらに総集編として、「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 総集編 〜東京の中心で◯◯◯を叫ぶ〜」が5月16日、日比谷野外大音楽堂にて開催された。単独では初の日比谷野音ワンマンライブとなった。 2016年1月よりスタートする全国ツアー「わすれもの〜つま先はその先へ〜2016」はメジャー1stアルバムのリリース時に行った全国ツアー"つま先はその先へ"の再会ツアーとなり、札幌COLONY、仙台PARK SQUARE、名古屋CLUB UPSET、赤坂BLITZ等、全会場チケット完売となった。 チケット完売を受け、追加公演「たぶんちょうど、そんな感じ」の開催も決定。2月18日のZepp Tokyoを皮切りに、3月8日のなんばHatchまで7カ所8公演を実施する。

  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

クリープハイプのチケットを都道府県で探す

クリープハイプについて

クリープハイプとはヴォーカル兼ギターの尾崎世界観、ギターの小川幸慈、ベースの長谷川カオナシ、ドラムの小泉拓の四人組ロックバンドです。2001年に尾崎世界観を中心に結成され、2011年頃から音楽雑誌やテレビやラジオ等への露出が増加し知名度が上がり、翌年の2012年の4月18日にアルバム「死ぬまで一生愛されていると思っていたよ」を発売しメジャーデビューいたしました。2013年には尾崎世界観がSMAPの「ハロー」の作詞と作曲をし話題となりました。脚本家の松井大悟はメジャーデビュー以前から彼らの楽曲を注目し、松井大悟自身が主催する劇団ゴジゲンの開催前にSEとして楽曲を流していました。その後Twitterで尾崎世界観が劇団ゴジゲンについて呟いたのがきっかけに交流が始まり、メジャーデビュー以降のミュージックビデオを松井大悟が監督しています。2014年の3月12日発売のアルバムが以前所属していたレコード会社がバンド側及び事務所に一切伝えずに制作され、5月7日に発売されるシングルよりレコード会社をユニバーサルシグマへと移籍します。

クリープハイプについてライブるの最新記事を読む


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口