エレファントカシマシのチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数145,875枚、本日の新着チケット数361

エレファントカシマシ(エレカシ)のライブ・コンサートチケット一覧

エレファントカシマシは日本のロックバンド。略称は「エレカシ」。公式ファンクラブ名は「PAO」。メンバーは宮本浩次(みやもと ひろじ)、石森敏行(いしもり としゆき)、高緑成治(たかみどり せいじ)、冨永義之(とみなが よしゆき)の4人組。1988年にアルバム「HE ELEPHANT KASHIMASHI」でデビュー。代表曲は「悲しみの果て」や「今宵の月のように」「ココロに花を」等が挙げられる。 日比谷野外音楽堂でのコンサートが定例行事となっており、1990年以来毎年行われている。 2005年にはバンド史上初のライブCD「日本 夏」「野音 秋」を期間限定発売。その後ツアー「すまねえ魂2005」を行なう。 2007年5月12日にはデビュー20周年記念特別公演「俺たちの明日」を大阪城野外音楽堂、日比谷野外音楽堂で行なった。 その他「カウントダウンジャパン」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロッキン)」「VIVA LA ROCK」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」など、フェス系イベントに多数出演。 2015年11月豊洲PITを皮きりに全国ツアー「エレファントカシマシ RAINBOW TOUR 2015」を開催。本多の森ホール、なら100年会館、サンポートホール高松、なんばHatch、仙台イズミティ21など全10会場をまわる。 翌2016年1月には「エレファントカシマシ 新春ライブ2016」と題し、東京国際フォーラム、大阪フェスティバルホールの全2会場4公演を行う。

すべての日程

エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR 2017
【3日通し券】SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全75件 1-75件目


男臭さあふれるロックバンド、エレファントカシマシ

1988年、1stシングル「デーデ」で衝撃のデビューを飾ったエレファントカシマシは、エピック・ソニーに所属しました。男特有の複雑な感情、社会の不合理さに腹が立つ気持ちを、どこか郷愁を感じるメロディーに乗せて歌い上げる独特な楽曲はたくさんのファンを獲得するには至りませんでした。またボーカルの宮本浩次の過激なライブパフォーマンスも、一部のファンを除いては不評でした。1996年、ポニー・キャニオンに移籍後、大衆向けとなるように曲調を変えてドラマやCMのタイアップを飾り、メディアにも積極的に露出することで人気を獲得していきます。1999年には東芝EMIに移籍し、自分たちの演奏したい曲を作ろうという思いから原点回帰します。メディアの露出が減ってきたのを機に、エピック・ソニー時代を思わせる曲が多くなってきました。ファンの数は絞られてしまったものの、メンバーは自分たちの演奏したい曲を次々と作り、立て続けにアルバムをリリースしました。2007年より、ユニバーサル・ミュージックに移籍し、メンバーも気分を一新し、プロデューサー蔦谷好位置のもとで、エピック・ソニー時代の曲と、ポニー・キャニオン時代の曲がうまく合わさったような、新しいスタイルの曲が次々と作られ、再び新たなファンを獲得し、新春の武道館ライブや、長年コンサートを開催してきた日比谷野外音楽堂での20周年ライブも成功させていきました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口