大宮エリーのチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数147,471枚、本日の新着チケット数813

大宮エリーのライブ・コンサートチケット一覧

大宮エリー(オオミヤエリー)は日本の脚本家です。他にもCMディレクター、映画監督、作家、エッセイスト、コピーライター、演出家などいろんな顔を持つ大変多彩な人物です。テレビドラマ「木下部長とボク」や「デカ黒川鈴木」など大宮作品に板尾創路が出演するものが多いのは「橋田壽賀子と泉ピン子のようにコンビで作品を出し続けよう」という両者の約束によるものです。言葉を扱うことに長けており、歯に衣着せぬトークも人気で、Ustreamで「スナックエリー」というトーク番組を持っています。もともとはピンチヒッターだったオールナイトニッポンも二回の単発放送を経てレギュラー化しました。また、タモリ倶楽部にも不定期で出演しています。

大宮エリー(オオミヤエリー)のイベント・ライブの歴史

1975年に大阪で産まれた大宮エリー(オオミヤエリー)は、脚本家、映画監督、コピーライター、演出家などをマルチにこなす女性クリエイターです。東京大学の薬学部出身でありながらその道に進まず、就職活動を経て株式会社電通に入社。コピーライター、CMプランナーとして7年間勤務した後に独立し、2006年に個人事務所を立ち上げます。以降、テレビドラマや映画、舞台などで脚本、演出を務め、初監督作品である2006年公開映画「海でのはなし。」が渋谷ユーロベースにて上映されたことで一躍脚光を浴びます。2010年の6月には初のピンチヒッターを務めるラジオ番組がスタートし、以降は多数のラジオ番組でピンチヒッターとしてレギュラー出演を果たします。2012年より来場者が参加する体験型の個展を多数発表し、同年2月に開催された「思いを伝えるということ」展では、1万人をこえる来場者を記録し、閉館時間が延長するなど好評を博しました。また、2013年の9月に開催された「星空からのメッセージ展」では、歩く・感じるプラネタリウムをテーマに「プラネタリウムのためのソナタ」を上映し、聴く人を魅了する独創的な世界観が話題を集めました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口