秦基博のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数146,097枚、本日の新着チケット数35

秦基博(ハタモトヒロ)のライブ・コンサートチケット一覧

秦基博(ハタモトヒロ)は、オフィスオーガスタ所属のシンガーソングライター。愛称は「はた坊」。キャッチコピーは「鋼と硝子でできた声」。 1999年頃から、横浜のライブハウスF.A.D YOKOHAMAを中心に、渋谷や下北沢などで弾き語りでのライブ活動を展開する。 2004年にインディーズミニアルバム『オレンジの背景の赤い静物』をリリースし、2年後の2006年にメジャーデビューを果たす。同年の「Augusta Camp 2006(オーキャン)」にはオープニングアクトとして出演。1stシングル「シンクロ」は、全国FMパワープレイ獲得数43局の新記録を樹立する。 その他、代表曲として「鱗(うろこ)」「虹が消えた日」「アイ」「ひまわりの約束」等が挙げられる。2007年には初の全国ツアー「秦 基博 1st LIVE TOUR "CONTRAST"」を開催。全国7ヶ所で行い、約1万人を動員した。 2009年3月には、自身初となる日本武道館単独公演を実施。5月からは初の弾き語りツアー「GREEN MIND 2009」を全国21ヶ所公演を行った。 ソロの活動以外にも一青窈山下智久南波志帆など、他のアーティストへの楽曲提供や、オフィスオーガスタ所属のアーティストによるスペシャルユニット“福耳”に参加するなど、幅広い音楽活動を行っている。 2016年には“GREEN MIND 2014”以来約2年ぶりの全国ツアー「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016」を開催。アルバム「青の光景」を引っ提げ、3月5日福岡サンパレス公演を皮きりに、6月3日・4日東京国際フォーラム公演2DAYSまでの全国15会場17公演をまわる。

秦基博(ハタモトヒロ)の日程

すべての日程

【1日券】J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 -7/21
【1日券】J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 -7/22
Augusta Camp 2017
風街ガーデンであひませう 2017 DAY1 -10/6
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決【1日券】J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 -7/22

    • 横浜アリーナ(神奈川県)
    • B4扉 アリーナ席 B8列 47番 休みを取る予定でしたが仕事で叶わなかったので、参加を検討されている方がいらっしゃればお願いします。

      • 女性名義
      • プレイガイド
      • 44%off
      • 5,000円/枚
      • 8,900円/枚
    • 1枚のみ
    • 【1日券】J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 -7/22

    • 横浜アリーナ(神奈川県)
    • 主催者J-me会員最速先行当選分 グッズ無 座席未定 発券次第、発送致します。公演中止の際は、手数料を差し引いた金額を返金致します。

      • 女性名義
      • 主催者
      • 10,000円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 即決【1日券】J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 -7/22

    • 横浜アリーナ(神奈川県)
    • 未発券のため、座席未定 チケット引換期間が7/8~のため8日以降の発送となります。 チケット代は手数料、消費税込みの値段を割って出した金額です。

      • 女性名義
      • プレイガイド
      • 9,220円/枚
    • 1枚のみ
全4件 1-4件目

秦基博(ハタモトヒロ)のチケットを都道府県で探す

銅と硝子で出来たような秦 基博の歌声

秦 基博は日本のシンガーソングライターです。2006年にオフィスオーガスタと契約し、メジャーデビューしました。楽曲は自身で作詞・作曲を行い、ギター弾き語りのスタイルです。彼の歌声には「銅と硝子で出来た声」というキャッチコピーがついています。その歌声は、鉄琴のような音でありながら、メロディーにのると、そこに魂が響き、心にふれてきます。「アイ」という名曲がありますが、その曲の通り「その手にふれて心にふれ」るように、だんだんとじんわり心の中に染みてきます。また、彼の声の良さはバラードのみ発揮されるのではなく、「キミ、メグル、ボク」のようなPOPな曲でも爽やかに恋の楽しさを、「虹が消えた日」の様な青い空に突き抜ける風のような声、「エイリアン」の時には大人っぽいムードと、様々な色彩で伝わってきます。特に福耳というユニットでカバーしている「なごり雪」は、彼の歌声が入ることによって、せつない中に雪が降り出してくる情景が浮かびます。

秦基博についてライブるの最新記事を読む


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口