森山直太朗のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数146,097枚、本日の新着チケット数35

森山直太朗のライブ・コンサートチケット一覧

森山直太朗は、日本を代表する男性シンガーソングライターです。母はフォークシンガーの森山良子、父は元歌手のジェームス滝、親戚には、故かまやつひろしがいる音楽一家で育ちました。公式ファンクラブは「N.C.R」(直ちゃん倶楽部リターンズ)です。また森山直太朗オフィシャルモバイルとして「森山ジャンボリー」があり、ここでしか見られない情報を入手できます。中でも森山直太朗がメインパーソナリティーのモバイルラジオコーナー「森山直太朗のハラペコラジオ」は人気のコーナーです。 森山直太朗は2002年にメジャーデビューをしました。2003年の「さくら(独唱)」が大ヒットしてオリコン1位を獲得し、120万枚を超えるヒットとなり、この曲で2003年紅白歌合戦に初出場を果たしました。「さくら(独唱)」は、卒業式、予餞会、桜ソングとして定番になり、卒業式の合唱でも歌われています。 2004年に発売したアルバム「新たなる香辛料を求めて」は、テレビドラマの主題歌「生きとし生けるもの」やテレビドラマの挿入歌「愛し君へ」、映画の主題歌「声」が収録され、オリコン1位を獲得しました。 その後、2005年は「風花」、2008年は「生きてることが辛いなら」でも、それぞれ紅白歌合戦に出場しています。「生きてることが辛いなら」は歌詞が話題を集め、2008年12月第50回日本レコードの作詞賞を受賞しました。 ウィルコムやアサヒビールのアサヒスタイルフリーのCMにも出演していて、音楽の制作だけでなく、ライブ活動やイベントも精力的に行っています。 森山直太朗は、抜群の歌唱力と独特の世界観で、心に響く歌詞が印象的な、これからも活躍が楽しみなシンガーソングライターです。

森山直太朗の日程

すべての日程

森山直太朗 15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』
森山直太朗劇場公演 あの城
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全30件 1-30件目

森山直太朗のチケットを都道府県で探す


森山直太朗は2002 年にメジャーデビューし、その翌年にはシングル「さくら」がロングセラーとなり、一躍スターダムにのし上がったシンガーです。華々しいデビューでしたが下積み時代も長く、デビュー時の年齢は26才でした。しかしながらライブでのパフォーマンスの高さは下積み時代があったからこそといえます。インディーズ時代には、森山良子の息子ということは公表せずにアーティスト「直太朗」を名乗り、弾き語り中心のストリートライブを行なっていました。ライブでの魅力のひとつともいえるアドリブ力の高さは、ストリートライブで通りすがりの人たちになんとか足を止めてもらうための努力を重ねてきたことで培われたものなのかもしれません。さらに学生時代の劇場でのアルバイト経験も、ライブでのコミカルかつシリアルなマイクパフォーマンスに表れています。幼少期からステージが身近にある環境に育ったことも、魅力あるステージ演出に影響を与えているのでしょう。森山直太朗のライブでは、その圧倒的な歌唱力とアドリブ力、洗練されたトークといった総合的な彼の魅力を堪能することができます。

森山直太朗についてライブるの最新記事を読む


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口