小田和正のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数146,440枚、本日の新着チケット数447

小田和正のライブ・コンサートチケット一覧

小田和正は、日本を代表する大物シンガーソングライターの1人です。オフコースの元ボーカル兼リーダーでもあり、これまでたくさんの名曲を世に送り出してきました。唯一無二の高音な歌声は、一度聞いたら病み付きになるほど魅力的なものです。 また音楽プロデューサーとしても活動しており、自らが所属している事務所「株式会社ファー・イースト・クラブ」の代表取締役社長としての顔も持っています。 小田和正は横浜市金沢区出身の1947年生まれです。薬局の次男として育ち、音楽活動をスタートさせたのは1970年頃からだと言われています。そして1970年代~80年代にかけては、オフコースとして数々のヒット曲をリリースしてきました。ちなみにオフコースのメンバーは何度か入れ替わりがあり、結局は鈴木康博、清水仁、大間ジロー、松尾一彦、そして小田和正の5人構成となりました。 そして1986年になると、初のソロシングル「1985」をリリースします。さらにソロアルバムの「K.ODA」も発売され、1989年になるとオフコースが解散します。それと同時にソロ活動が本格化していきました。 1991年には、フジテレビの人気月9ドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として、「ラブ・ストーリーは突然に」を発表します。これがドラマと共に大ヒットを記録し、オリコンシングルチャートで第1位を獲得します。さらにシングル曲としてのミリオンセラーも記録しました。 その後は日本を代表する男性ソロシンガーとして、確固たる地位を確立します。「キラキラ」や「まっ白」、「伝えたいことがあるんだ」などのヒット曲を出すと共に、テレビCMやドラマでも楽曲が採用されるようになりました。 また1990年以降は、コンサートツアーもコンスタントに行われています。1990年の5月から11月にかけては、第一生命サウンドスペシャル「K.ODA TOUR 1990 Far East Club Band」として、全国40ヵ所、56公演を開催。ミュージシャンとして全国各地を巡りました。 そして2016年は、明治安田生命Presents「KAZUMASA ODA TOUR 2016”君住む街へ”」を全国24ヵ所で48公演を行い、約34万人を動員しています。 テレビ番組への露出はあまり多くありませんが、2001年からは毎年12月にTBS系列の音楽番組「クリスマスの約束」に出演し、幕張メッセなどで行われる小田和正のコンサートをそのままお届けする内容となっています。 今後も日本を代表する歌手として、末永い活躍が期待されます。

小田和正の日程

すべての日程

めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017 -7/28夜
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全7件 1-7件目

小田和正のチケットを都道府県で探す







小田和正のコンサートは、どんなに凝った仕掛けやゴージャスな舞台のセットよりも小田和正本人のあの透明感のある伸びやかな歌声が最大の魅力! オフコースのリードボーカル時代から多くのファンを魅了して来た歌声と多くのCMやドラマの主題歌に起用されている心揺さぶる楽曲は、耳したことのない人は居ないと言えるほど有名です。 ステージでは、ギターやピアノを引きながら歌うだけでなく、歩いたり、走ったり、飛び跳ねたり、そして観客に手を振ったりとアクティブな姿に感動してしまいます。 小田和正の歌声はもちろん、ほかのバンドメンバーも演奏するだけでなくコーラスもこなし、小田和正と息がぴったりと合ったハーモニーが楽しめます。 70年代や80年代のオフコース時代の名曲や小田和正のソロ活動の初期時代の代表曲など、数々にうっとりと懐かしさを感じながら魔法にかかったような時間を過ごすことができるコンサートです。 観客のすぐ近くで小田和正の愛に満ち溢れた歌が響くコンサートの人気は、チケットがなかなか手に入れられないことからも十分にわかります。

小田和正についてライブるの最新記事を読む


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口