斉藤和義のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数133,731枚、本日の新着チケット数33

斉藤和義(サイトウカズヨシ)のライブ・コンサートチケット一覧

斉藤和義(サイトウカズヨシ)は、男性シンガーソングライター。1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。3rdシングル「君の顔が好きだ」が、FM802で採用されたのをきっかけに関西圏での知名度が上昇。子供番組「ポンキッキーズ」では「歩いて帰ろう」が使用された。2007年には、ゼクシィのCM曲「ウエディング・ソング」が話題となり、知名度が一気に高まった。 1998年12月2日に初のベスト・アルバム「Golden Delicious」を発売。同アルバムを引っ提げて行われたツアー「Golden Delicious Hour」において、自身初の日本武道館と大阪城ホールのワンマンライブを実施した。 2007年には「LIVE TOUR 2007〜紅 ベリー ストロング〜」にて、広島CLUB QUATTRO、横浜BLITZ、Zepp Fukuoka、Zepp Tokyoなど2か月で全国13ヶ所13公演を回った。 2011年、元BLANKEY JET CITYの中村達也とユニットを組んで“MANNISH BOYS”を結成。「JOIN ALIVE」を皮切りに、「フジロックフェスティバル」では「GYPSY AVALON」ステージの「アトミック・カフェ」にユニットで出演。同フェスの斉藤単独の「WHITE STAGE」では斉藤のバンドメンバーとして中村が参加した。 2013年、「ライブツアー2013〜2014斉藤&和義」では全国55都市62公演を行った。 さいたまスーパーアリーナでは、デビュー20周年にして、斉藤史上最多収容人数である1万8000人を動員した。 同年、LOUDNESSのメンバーが中心となって行われた、がん疾患啓発チャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES 2013 Vol.1」に出演。 2014年には「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014(メトロック2014)」や「sweet love shower2014」などのフェスイベントに参加。 2015年11月21日に千葉県・市川市文化会館を皮切りに、2016年5月まで「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 “風の果てまで”」が6ヶ月間に渡り開催される。

  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全87件 1-87件目




斉藤和義(サイトウカズヨシ)がかっこいい

斉藤和義(サイトウカズヨシ)は1993年にデビューし、20年以上にわたって、活躍するシンガーソングライターです。1966年6月22日生まれ、栃木県生まれの、O型。デビュー曲は「僕の見たビートルズはTVの中」で、その曲調と、いままでに無かった歌詞で、一躍脚光を浴びました。長い音楽生活の中で、「ずっと好きだった」などスマッシュヒットを出しながら、第一線のまま20年ちかく活躍、数々の賞を受賞しています。2011年には「やさしくなりたい」がTVドラマの主題歌ということもあり、大ヒット。翌年の第63回NHK紅白歌合戦に「やさしくなりたい」で初出場しました。そのひょうひょうとした風貌も人気があり、TVに登場することも多く、現在でもCMに、過去の曲が使われるなど、曲の息のながさを感じさせています。作曲は自身の作品だけではなく、様々なアーティストへの楽曲提供も積極的に行い、映画音楽の制作なども行っています。作家「伊坂幸太郎」も彼のファンであり、会社勤めと執筆活動を並行するなか、通勤中に「幸福な食卓 退屈な夕食」を聴いて、退社を決意。その後、小説の執筆に専念することにしたそう。

斉藤和義についてライブるの最新記事を読む


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口