佐藤竹善のチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数145,708枚、本日の新着チケット数273

佐藤竹善(サトウチクゼン)のライブ・コンサートチケット一覧

佐藤竹善(サトウチクゼン)は、1963年青森県青森市生まれの日本出身のシンガーソングライター、キーボーディスト、音楽プロデューサーです。ロックバンド「Sing Like Talking」のフロントマンであり、担当はボーカル、キーボード、ギターです。小田和正との共同ユニット「PLUS ONE」や、塩谷哲とのユニット「SALT&SUGAR」のボーカルも務めています。幼少期は演歌を好んでいましたが、親戚の影響でビートルズの赤盤と出会いました。それ以降は洋楽を好むようになり、ベースを購入したり、近所の友人とバンドを組んで市内で音楽活動をしていたりしました。1983年に音楽大学を中退して、音楽仲間らと「514バンド」を組みますが、1984年には解散しました。それからバンドを組み直し1994年には「togetherness」という曲でオリコン1位を記録しました。

佐藤竹善(サトウチクゼン)

佐藤竹善(サトウチクゼン)のライブは、バンドとしてのシング・ライク・トーキングと、本人のソロ名義のライブの2種類で楽しむことができます。どちらもバンドメンバーは、レコーディングやライブでひっぱりだこなメンバーが参加していますので、安心して楽しむことができます。どちらのライブも、基本的なテイストはAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ばれる、1980年代のテイストがベースになっています。そこに佐藤竹善の伸びのあるボーカルが乗ってグルーブが広がっていきますので、聞いていて非常に気持ちいいライブになっています。バンドメンバーが曲の途中にソロを取る場面もありますし、AORに限らずジャズテイストのイントロがついていたりと非常にバラエティに富んだ構成になっています。バンドでもソロでも、ライブの時には洋楽のカバー曲を取り上げることがあり、リアルタイムで聞いていた人間にとってはたまらない選曲になっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口