日本最大級の公演チケット売買仲介サイト「チケットストリート」

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数125,453枚、本日の新着チケット数2

15年2月「熱い!ライブ指数ランキング」を発表!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チケットストリートでは、動員数、公演回数といった一般的な指標に加え「チケットストリート」内の人気状況を加味して(※1)、独自の”熱い!ライブ指数”を算出し、「熱い!ライブ指数ランキング」を月ごとに発表いたします!人気公演をチェックして是非あなたもライブに参加してみては??

2015年2月 熱い!ライブ指数ランキング

ランキング
順位アーティスト熱い!ライブ指数
1位1東方神起118,543
2位2ONE DIRECTION34,126
3位3ラブライブ(μ’s) 32,066
4MOTLEY CRUE15,291
5乃木坂4612,942
6KISS10,156
7防弾少年団8,122
8PERSONA SUPER LIVE 20156,738
9VAMPS6,655
10TM Network6,611
11NMB486,181
12E-girls6,059
13KIM HYUN JOONG(リーダー)5,807
14GLAY5,582
15Kalafina5,337
16D-LITE5,240
17小田和正4,851
18OLDCODEX4,280
19福山雅治4,241
20Michael Buble4,164
21INFINITE4,139
22田村ゆかり(17)3,985
23Berryz工房3,667
24ももいろクローバーZ3,235
25GRANRODEO2,832
26MONKEY MAJIK2,604
27宝塚星組「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」2,156
28LUNA SEA1,704
29でんぱ組.inc1,519
30ワンワンといっしょ! 夢のキャラクター大集合1,351
※1:指数算出方法
「熱い!ライブ指数」は、チケットストリートが2014年12月より算出を開始した、ライブ・エンタテインメントにおける熱狂度を表す指数です。2/1~2/28の間に開催された観客動員数約1万人以上の公演を対象として、「動員数」「2次流通における取引状況」などの要素を元に、独自に算出しています。

【指数の利用について】
<本指数については>、「出典:チケットストリート http://ticket.st/」のクレジットを表記いただければ、ご自由に引用・利用していただくことができます。

東方神起がダントツの1位、防弾少年団の1stツアーも大成功

2013年に続き2回目の5大ドームツアーに突入している東方神起。圧倒的な動員数は2位以下を大きく引き離し、まさに東方神起の月だったといっても過言ではない。2月25日には新曲「サクラミチ」を発売、3月は京セラドーム大阪公演、4月は東京ドームでの追加公演を控えており、来月の上位ランクインもほぼ確実。まだまだBigeast達の熱は冷めなさそうだ。韓流からは、初の全国ツアーを大成功させた防弾少年団が7位と大躍進したほか、キム・ヒョンジュン(リーダー)やBIGBANGのD-LITE、INFINITEなどがランクインし、新旧スターによる層の厚さが実感できるランキングとなった。

One Directionを筆頭に、目立つ海外アーティストの活躍

大型海外アーティストとして、2度目の日本ツアーを開催したワンダイレクションが2位。2月は京セラドームとさいたまスーパーアリーナでの計4公演、3月にも2公演が予定されており、こちらも連続ランクインは確実の情勢だ。メンバー全員が契約書にサインして「ファイナルツアー」を敢行したモトリークルー、2年ぶりの来日公演となった「地獄の軍団」KISSなどが上位にランクインしている。

ラブライブ!が2か月連続でTOP5入り

ラブライブ!が、前月の5位に引き続き3位にランクイン。さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)を2日間満員にできる動員力は、「AKB」や「ももクロ」に匹敵するアイドルユニットといっても過言ではない。同名のスマホゲームは世界1,000万ダウンロードを突破し、Kis-My-Ft2の宮田俊哉など芸能人にもファンが多い。5月からは日本全国でファンミーティングを開催、夏には初の劇場版が公開されるなど、ラブライバーにとっては嬉しいニュースが続いている。アニメ・ゲーム関連では、最新作開発中のアトラス人気ゲーム「PERSONA」のライブイベントが8位、OLDCODEXや田村ゆかり(17)のライブも人気を集めた。

TM Networkなど、80-90年代アーティストに根強い支持

TM NetworkやKISS、モトリー・クルー、小田和正など、80年代~90年代前半に人気を集めたアーティストが数多くランクイン。年齢を感じさせない活躍はかつて青春を共にした世代だけでなく、幅広い世代の観客を集めている。

今月の注目は27位の宝塚と30位のワンワンといっしょ!

27位にランクインしている宝塚宙組「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」は、星組トップスターの柚希礼音と娘役の夢咲ねねコンビの退団公演となり、3月9日の千秋楽で惜しまれつつフィナーレを迎えた。30位の「ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合」は、ワンワンをはじめポコポッテイトやオフロスキーなど、NHKでおなじみの子供向けキャラクターが一同に会するライブイベント。チケット代金はS席定価3600円とリーズナブルなものの、横浜アリーナと日本ガイシホールという大規模アリーナで計4日間の1日3回公演、さらに全国の映画館でライブビューイング中継を実施という圧倒的な動員力がランクインにつながった。

ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口