日本最大級の公演チケット売買仲介サイト「チケットストリート」

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数125,961枚、本日の新着チケット数792

15年5月「熱い!ライブ指数ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チケットストリートでは、動員数、公演回数といった一般的な指標に加え「チケットストリート」内の人気状況を加味して(※1)、独自の”熱い!ライブ指数”を算出し、「熱い!ライブ指数ランキング」を月ごとに発表いたします!人気公演をチェックして是非あなたもライブに参加してみては??

2015年5月 熱い!ライブ指数ランキング

ランキング
順位アーティスト熱い!ライブ指数
1位1TAYLOR SWIFT65,529
2位2三代目 J Soul Brothers34,663
3位3GLAY27,509
4Mr.Children23,144
5KAT-TUN22,666
6NEWS20,900
7ジャニーズWEST13,346
8Sexy Zone12,921
92PM11,806
10Fantasy on Ice 201511,786
11AAA8,501
12ONE OK ROCK8,427
13西野カナ7,511
14VAMPS6,548
15VIVA LA ROCK 20155,951
16ケツメイシ5,929
17B’z5,776
18浜崎あゆみ5,202
19いきものがかり4,401
20倖田來未4,308
21超新星4,018
22モーニング娘。’153,885
23JUNG YONG HWA3,477
24A.B.C-Z3,084
25GENERATIONS2,879
26チームしゃちほこ2,308
27宝塚星組「黒豹の如く/Dear DIAMOND!!」2,172
28JANG KEUN SUK2,071
29藤ヶ谷太輔主演舞台「TAKE FIVE」1,943
30FTISLAND1,781
※1:指数算出方法
「熱い!ライブ指数」は、チケットストリートが2014年12月より算出を開始した、ライブ・エンタテインメントにおける熱狂度を表す指数です。5/1~5/30の間に開催された観客動員数約1万人以上の公演を対象として、「動員数」「2次流通における取引状況」などの要素を元に算出しています。

【指数の利用について】
<本指数については>、「出典:チケットストリート http://ticket.st/」のクレジットを表記いただければ、ご自由に引用・利用していただくことができます。

ワールドツアーの幕開け、テイラー・スウィフト

世界中が恋するシンガー・ソングライター、テイラー・スウィフト。親日家でもありファンサービスが旺盛なことでも知られる彼女は、空港に詰めかけたファンに対してサインや写真撮影に応じるなどの“神対応”を見せファンを喜ばせた。ワールドツアーの幕開け場所となった東京ドームでは、2日間で計10万4,000人を動員。そのカリスマぶりを見せつけた。

三代目がツアー開始、福岡を皮切りに全国を青く染め上げる

三代目J Soul Brothersは5月27日から全国ツアー「BLUE PLANET」を開始。5月中は月末の2日程のみの開催であったが、堂々の2位にランクイン。またANAのキャンペーンキャラクターに就任し、現在ANA「旅割」の新CMでもお茶の間を賑わせている。7月8日にはニューシングル「Summer Madness」のリリースも控えており、この夏は空も陸も青く染め上げる勢いの彼らにますます注目だ。

GLAY、約束の白いジャケットを取りに10年振りの東京ドームへ

10年前、デビュー10周年の最後を飾るツアーファイナルでの東京ドーム公演の際、TERUがマイクスタンドにジャケットを掛けファン達と交わした約束。「10年後に再びここに取りに来る」というその約束を10年後の今年5月、同じく東京ドームにて果たしたGLAY。ライブ中の「10年前もドームにいた人?」という問いかけに、会場では多くの手が挙がった。アンコールではメンバーの口からも「よく10年間待っててくれたよね。今日は最高」と感慨深げに語られ、ファン達のGLAYを応援し続ける“長さ、熱さ”を感じられずにはいられないスペシャルな一日となった。

ジャニーズ勢が上位奪還、KAT-TUN・NEWS・セクゾが並ぶ

春は東方神起ほかK-POPアーティストの上位占領状態だった中、5月は一転し上位にジャニーズ勢が乗り込んだ。小山君のバースデーである5月1日の大阪公演のチケット競争率が沸騰したと言われていたNEWSは、ツアー後半戦ということもあってか4月の17位から6位にアップ。また、先輩たちに続けと言わんばかりに5月中に10公演ものライブを成し遂げたジャニーズWEST、7月1日にニューシングル「Cha-Cha-Cha チャンピオン」のリリースも控えるSEXY ZONEもランクイン。

No.5発表の2PM、5月もライブでフルエンジン

6月に韓国にて5枚目となるアルバムをリリースする2PMが9位にランクイン。映画館でライブビューイングも行われた最終公演の札幌を最後に、全国6都市14公演を無事終了させた。今月は韓国でのカムバックライブ出演も果たす予定であり、さらに7月にはJUNHOが3枚目となるソロ・アルバムをリリース予定。まだまだフルエンジンの野獣たちの挑戦は続く。

麗しのクリケット3兄弟が氷上に舞うFantasy on Ice 2015

羽生結弦選手、ハビエル・フェルナンデス選手、ナム・グエン選手の“クリケット3兄弟”をはじめとする人気スケート選手達が多数出演するアイススケートショー、Fantasy on Ice 2015が10位にランクイン。羽生選手の追加出演が後から決まったこともチケット動向を左右したものと推定される。上位10位以内で唯一の非・音楽系興行イベントとなった。

ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口