日本最大級の公演チケット売買仲介サイト「チケットストリート」

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数127,052枚、本日の新着チケット数1,813

15年7月「熱い!ライブ指数ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チケットストリートでは、動員数、公演回数といった一般的な指標に加え「チケットストリート」内の人気状況を加味して(※1)、独自の”熱い!ライブ指数”を算出し、「熱い!ライブ指数ランキング」を月ごとに発表いたします!人気公演をチェックして是非あなたもライブに参加してみては??

2015年7月 熱い!ライブ指数ランキング

ランキング
順位アーティスト熱い!ライブ指数
1位1SMTOWN79,891
2位2SEKAI NO OWARI77,907
3位3三代目 J Soul Brothers50,902
4B’z33,795
5マツダオールスターゲーム23,926
6Mr.Children18,807
7THE IDOLM@STER18,630
8Yuchun from JYJ13,403
9ONE OK ROCK12,256
10堂本光一9,501
11Fantasy on Ice 20157,619
12西野カナ7,020
13FTISLAND6,370
14AAA6,108
15いきものがかり5,670
16ファンキー加藤5,556
17松田聖子5,309
18Hey! Say! JUMP5,207
19湘南乃風5,065
20JUJU4,953
21JUNHO from 2PM4,948
22THE ICE 20154,942
23ケツメイシ4,934
24ASIAN KUNG-FU GENERATION4,862
25水樹奈々4,272
26浜崎あゆみ3,852
27TEENTOP3,069
28ディズニーオンアイス2,869
29a-nation island2,742
30LIVE MONSTER LIVE 20152,672
※1:指数算出方法
「熱い!ライブ指数」は、チケットストリートが2014年12月より算出を開始した、ライブ・エンタテインメントにおける熱狂度を表す指数です。7/1~7/31の間に開催された観客動員数約1万人以上の公演を対象として、「動員数」「2次流通における取引状況」などの要素を元に算出しています。

【指数の利用について】
<本指数については>、「出典:チケットストリート http://ticket.st/」のクレジットを表記いただければ、ご自由に引用・利用していただくことができます。

列車に巨大樹木に…勢いが止まらないセカオワ・ワールド

「今最もチケットが取りづらい」とも言われている国民的人気バンド、SEKAI NO OWARI。7月18日・19日に日産スタジアムで開催されたワンマンライブ、「Twilight City」は2日間で約14万人を動員。ステージに設営された高さ40メートルにもなる巨大樹木のセットをはじめ、今回も豪華演出でファンを魅了した。全国ツアーの決行も発表され、ますますファンの期待を高めるセカイノオワリに注目だ。

韓流フェスSMTOWN、国民的人気バンドを制す

セカオワを制し1位に輝いたのは、韓国の大手事務所S.M.ENTERTAINMENTに所属するアーティストが一同に集う「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in JAPAN Special Edition」。BoA、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、EXOといった人気アーティストそれぞれのパフォーマンスを堪能できるのはもちろん、スペシャルコラボが見られるのが最大の特徴。それゆえチケットはすさまじい争奪戦を見せた。特に東方神起はユンホの7月入隊のニュースが届き、「2人揃って出るのか?」「チャンミンも出ないのでは?」という憶測がファンの間で飛び交った。結果、チャンミンのソロ出場とはなったものの、他グループメンバーとのコラボレーションで大活躍を見せた。

3カ月連続トップ3!三代目JSBの攻勢は続く

9月2日にリリースするニューシングル「Unfair World」では、ダンス・CGを封印したMVを公開して話題になっている三代目J Soul Brothers。5月からスタートした「LIVE TOUR 2015 BLUE PLANET」は5月から3か月連続でトップ3にランクイン。惜しくも前月の1位からはランクダウンしたものの、その人気っぷりは継続。今後も10月にはボーカル・登坂広臣の初となるフォトエッセイの発売が控えているなど、次々に話題を提供し続ける彼らの挑戦に目が離せない。

「プロデューサーさん、ドームですよ、ドーム!」

アイドルマスターの10周年記念ライブ「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」は7月18日・19日の2日間、西武ドームで開催された。アイマスは、オリジナルの「アイドルマスター」に加え、TVアニメ放映中の「シンデレラガールズ」、全国ライブツアーが発表された「ミリオンライブ」、男性アイドルが活躍する「SideM」と、下は高校生から上はアラフォー世代まで総勢100名以上の声優が起用されるという前例のない規模に発展している。TVアニメ、新作ゲーム、ライブツアー、新作CDなど、アイマスワールドの活躍の幅はさらに広がりそうだ。

堂本光一、一流のパフォーマンスにファン熱狂

主演舞台「Endless SHOCK」の座長として多忙を極めるものの、その合間を縫って開催されたソロライブツアー。今回は4枚目のソロアルバム「Spiral」を引っさげた、豪華な振り付けのダンスに力をいれた内容だ。特に世界的日本人ダンサー、ケント・モリが振り付けを担当した「SHOCK!」はファンの間で大絶賛を受けた。ライブではファンに対し、後輩であるHey!Say!JUMPのファンに勝つには声量が2トーン低い、と愛のある毒を吐いたと言われる堂本光一。今回のランキングではHey!Say!JUMPに約2倍の差をつけ上位にランクインした。

夏の風物詩、a-nationに湘南乃風が夏をアツくする

前月のランキング同様に今回もランクインしているB'zやミスチル、ONE OK ROCKなどとは対照的に今回ランクインしたのが、夏の風物詩とも言えるa-nation islandに湘南乃風。「a-nation island PKCZ(R)presents OTO_MATSURI 2015」は今年で4回目を迎えるVERBALプロデュースのライブイベントだ。また湘南乃風は新曲「晴ル矢」を引っさげ、全国を絶賛晴天化中。次回、果たして夏の王者となるのはどのアーティストか? 8月のランキングにも注目したい。

ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口