日本最大級の公演チケット売買仲介サイト「チケットストリート」

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数127,185枚、本日の新着チケット数334

15年9月「熱い!ライブ指数ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チケットストリートでは、動員数、公演回数といった一般的な指標に加え「チケットストリート」内の人気状況を加味して(※1)、独自の”熱い!ライブ指数”を算出し、「熱い!ライブ指数ランキング」を月ごとに発表いたします!人気公演をチェックして是非あなたもライブに参加してみては??

2015年9月 熱い!ライブ指数ランキング

ランキング
順位アーティスト熱い!ライブ指数
1位1嵐(arashi)72,947
2位2ミスチル(Mr.Children)72,656
3位3キスマイ(Kis-My-Ft2)72,492
4矢沢永吉(E.YAZAWA)33,180
5三代目 J Soul Brothers27,559
6EXILE(エグザイル)25,566
7ONE OK ROCK(ワンオク)22,070
8L'Arc-en-Ciel(ラルク)21,896
9V621,552
102018 FIFA ワールドカップ17,292
11ULTRA JAPAN(ウルトラジャパン)16,672
12イナズマロックフェス201516,319
13MAROON5(マルーン5)13,698
14安室奈美恵10,518
15Hey! Say! JUMP(平成ジャンプ)10,167
16水樹奈々8,363
17ディズニーオンアイス8,021
18関ジャニ∞7,892
192015 FIA F1世界選手権シリーズ第15戦 日本グランプリレース7,811
20初音ミク5,347
21KMF 20154,812
22Acid Black Cherry(アシッドブラックチェリー)4,441
23ゴールデンボンバー(金爆)4,359
24久保田利伸4,212
25Perfume(パフューム)3,468
26UVERworld(ウーバーワールド)3,302
27清水翔太3,143
28ポルノグラフィティ2,865
29FIVBワールドカップバレーボール20152,515
30ゲスの極み乙女。2,333
※1:指数算出方法
「熱い!ライブ指数」は、チケットストリートが2014年12月より算出を開始した、ライブ・エンタテインメントにおける熱狂度を表す指数です。9/1~9/30の間に開催された観客動員数約1万人以上の公演を対象として、「動員数」「2次流通における取引状況」などの要素を元に算出しています。

【指数の利用について】
本指数については、「出典:チケットストリート http://ticket.st/」のクレジットを表記いただければ、ご自由に引用・利用していただくことができます。

接戦のトップスリー、1位嵐に迫る勢いだったミスチル・キスマイ

 9月の首位を獲得したのは嵐。9月のシルバーウィーク真っただ中に「ひとめぼれスタジアム宮城」にて4日間実施された「Arashi Blast in Miyagi」。地元学生との合唱やすずめ踊りなど、宮城ならではの演出が光った。11月~12月にも主要都市でのライブ「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」が予定されているため、上位ランクインが期待される。
2位には日本全国10か所でのスタジアムツアー「Mr.Children STADIUM TOUR 2015 未完」を実施したMr.Children。東京公演をはじめ、大阪・名古屋・宮城などでも熱狂の渦にファンを巻き込んだ。僅差で3位となったのは、キスマイことKis-My-Ft2。夏に発売された「KIS-MY-WORLD」を引っ提げ、初の東京ドーム4日間連続公演での締めを飾ったコンサートツアーは、多くのファンに歌声を届けた。

LDHの実力発揮、グループでファンをとりこに

音楽シーンだけでなく、ドラマ・演劇・映画など多方面のエンタテインメントを提供するLDHグループからEXILEと三代目JSBが5位と6位に連続してランクイン。EXILEは9月11日の京セラ大阪ドームを皮切りに、5会場でのライブが予定されている。初期メンバー3名の脱退前最後のライブであることや新メンバー5名のお披露目ということもあり、年末のライブまで多くのファンが駆けつける見込みだ。また9月2日にリリースしたニューシングル「Unfair World」が話題となった三代目J Soul Brothersは、5月からスタートした「LIVE TOUR 2015 BLUE PLANET」が追加公演も予定している盛況ぶり。来年春には初のドキュメンタリー「Born in the EXILE」が公開予定になっており、引き続きの活躍が注目される。

目立つ世界戦、スポーツからも目が離せない

10月はラグビー日本代表が世間を沸かせているが、人気の世界戦は他にも数多く開催されている。スポーツ枠からは「FIVBワールドカップバレー2015」やサッカー「2018 FIFA ワールドカップ(日本代表vsカンボジア代表)」などがランクインしており、スポーツの秋を感じさせる結果となっている。
また9月後半には「F1日本グランプリ」が開催され、爆音がサーキットを駆け巡った。今期絶好調のルイス・ハミルトン率いるメルセデスAMGが勝利し、8勝目を挙げた。通算勝利数ではセナに並ぶ41勝を飾っている。
他にも今年30周年を迎えたディズニーオンアイスが継続して上位に食い込んでいる。映画や主題歌において全世界を感動させた「アナと雪の女王」が氷上で表現されるということもあり、多くの人がスケートリンクに足を運んでいる模様だ。

熱い夏は終わらない? V6 ・ Hey! Say! JUMP・関ジャニ∞

ジャニーズからは、9月4日からの大阪城ホールと9月19日の横浜アリーナ(共に3日連続公演)を成功させたV6が9位にランクイン。「ラブセン presents V6 LIVE TOUR 2015 –SINCE 1995~FOREVER–」ツアーは、今年がデビュー20周年のアニバーサリーイヤーということで、最終の11月1日東京公演まで圧倒的な人気で駆け抜けそうだ。
8月の24時間テレビでは共にメインパーソナリティーを務めた人気赤丸急上昇中の平成ジャンプも15位にランクイン。次世代のジャニーズ主力グループとして活躍に期待ができそうだ。今月18位となった関ジャニ∞は夏公演が地方メインとなっていたため、大規模集客ができず順位を落としている模様。年末の大都市ドーム公演では上位に顔を出す見込みだ。

ファンの結束が強い初音ミクや水樹奈々など歌姫もランクイン

夏にボーカロイドソフトの先行ベータバージョン「V4Xβ」が公開され、2016年上半期には製品版の販売が予定されている初音ミク。声の進化だけでなくライブの表現性もより磨きのかかっている「マジカルミライ2015」が20位にランクインした。日本武道館で開催されたライブだけでなく、科学技術館で開催された企画展にも多くの人が足を運んだとのこと。
9月19日の西武プリンスドーム公演でファイナルを迎えた水樹奈々は16位にランクイン。ツアーコンセプトが「冒険」ということもあり、冒険やサバイバルをモチーフにした舞台セットでファンの度肝を抜いた。

K-POP勢からは、大注目のイベント「KMF 2015」が登場

9月13日に横浜アリーナで開催された「KMF 2015」は、CNBLUE・防弾少年団といったトップアーティストだけでなく、U-KISS・HOMME・NU'EST・MR.MR・MADTOWN・LABOUMといったそうそうたる顔ぶれがそろったチャリティーコンサート。ハイタッチ抽選会や激しい演出の花火などお祭り騒ぎなライブで、早くも次回開催を望む声が上がっている。

矢沢永吉・久保田利伸・安室などソロアーティストも奮闘

6月大阪公演では27位だった矢沢永吉が、9月の東京公演で一気に4位に躍り出た。前回から待つこと3か月、東京ドームライブへのファンの期待の強さがランキングの大幅上昇につながったのではないだろうか。他にも安室奈美恵が14位、久保田利伸が24位、清水翔太が27位など多くのソロアーティストがランキングを賑わせた。

ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口