一足先に全国ネットデビュー!ジャニーズWEST・桐山照史くんの演技力に注目高まる

ジャニーズWEST
162753594145c0a337299aa2f06b0d4b

2015年末のNHK紅白歌合戦では司会のイノッチをはじめ、嵐からTOKIO、マッチさんに至るまでジャニーズ事務所の所属タレントが7組も出演しました。実は、もう1人いたことにお気づきですか…?
それがジャニーズWEST桐山照史くんなのです。

お知らせ 「ジャニーズTIMES」のLINE始めました!
友だち追加

朝のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で活躍中

桐山くんが出演したのは後半の冒頭で、朝の連続テレビ小説「あさが来た」の紅白特別編でした。最初はVTRで登場し、途中から生中継で会場となったNHKホール内を移動してステージへ。スタンバイしていたNMB48の曲紹介を務めました。もちろん、三代目J Soul Brothersに対して“八代目だす”と絡むなど、しっかり見せ場を作っていました。

この「あさが来た」で桐山くんは、主人公の義理の弟・白岡榮三郎として重要な役どころを演じています。人懐っこい性格でありながら、のちに財閥を築くほどの経営手腕を持つという複雑なキャラクターなのです。

ドラマの中では、言いたいことを言えない気の小ささや、跡取りとして覚悟を決めた時のキリッとした表情、子煩悩な父親ぶりなど、普段のジャニーズWESTの活動とは違った一面を見せてくれます。玉木宏やディーン・フジオカといったイケメン俳優陣に隠れがちですが、その存在感は視聴者にも好印象を与えています。

プロデューサーに太鼓判を押され…

桐山くんの俳優歴は、まだ中間淳太くんとB.A.D.として活動していた頃、一緒に「ごくせん」の第3シリーズに出演したのが最初です。NHKには2013年にタッキーの主役で実写化された「真夜中のパン屋さん」で準主役を務め、2015年には「二十歳と一匹」に主人公の友人役で出演しています。

今回の「あさが来た」では、NHK大阪放送局が制作している縁もあるのかもしれませんが、過去2作での実績があったからこそ抜擢されたのでしょう。プロデューサーも白岡榮三郎を演じられるのは桐山くんしかいないと太鼓判を押しています。

ジャニーズWESTを知ってくれるチャンス!

朝ドラに出演するという夢を叶えた桐山くん。次は大河ドラマへの出演を目標に掲げています。けれども、ジャニーズWESTへの想いが深い桐山くんのことですから、グループの知名度が全国的なものになり、今度は7人で揃って紅白に出るのを望んでいるでしょう。

実際に、朝ドラの多くの視聴者にしてみると白岡榮三郎としての桐山くんは知っていても、ジャニーズWESTとして活動していることはまだあまり知られていない状況です。ジャニーズWEST自体も、まだ全国ネットのレギュラー番組を持っていません。

けれども、白岡榮三郎を通して桐山くんに興味を持った視聴者が、ジャニーズWESTを知ってくれるチャンスでもあります。桐山くんのこの俳優としての成功が、ジャニーズWEST認知度アップのチャンスにもなっています。

さいごに

一足先に全国的な知名度を得た桐山くん。今回の朝ドラで俳優としての評価は高まっているので、大河ドラマはもちろん、東山さんやV6の岡田くんに続く“ジャニーズの演技派”として活躍する日もそう遠くないでしょう。もちろんジャニーズWESTとしても紅白に出られるよう、これからも応援していきたいですね。

チケットストリートでは、ジャニーズWESTのチケットをはじめとするジャニーズ関連のチケットを絶賛取り扱い中です。あなたのほしいチケットがあるかもしれないので、是非一度覗いてみてください。

関連記事

相思相愛すぎる?!ジャニーズWESTのツインタワー・藤井&小瀧コンビの仲良しエピソード!
ジャニーズWEST、大雪の福岡公演は神回だった!? ジャスミンによるサプライズとは?
【グッズ、座席etc】ジャニーズWEST『ラッキィィィィィィィ7』1/4 大阪城ホール レポ

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る