嵐の新アルバム『Japonism』通常版はボーナストラックが豪華すぎる!!「ふるさと」を含む4曲にファンが胸を熱くする

PP_iroazayakanakasa-thumb-815xauto-12664

1999年にハワイのクルーザーの上で華々しくデビューした。初期は、伸び悩んでいた時期もありましたが、今では名実共に日本を代表するアイドルグループへと成長を遂げました。そんな彼らは一年ぶりにオリジナルアルバム『Japonism』を発表し、本日6日からはついに同タイトルツアーも開幕!今回は、そのアルバムの収録内容をおさらいしてみます!

予約殺到の初回限定盤とよいとこ盤

デジタル要素を取り入れつつも嵐らしさに溢れ、名作と名高い『DEGITALIAN』から一年、嵐の新しいアルバム『Japonism』は原点回帰という意味から「日本」をテーマとしたアルバムです。

初回限定盤には、イギリスで活躍するギタリスト布袋寅泰さんを迎えて「心の空」のミュージック・ビデオとそのメイキングがついています。嵐のメイキングは、メンバーの様子が見られるとあって、ファンとしては見逃せません。

よいとこ盤は、初の試みとなる、ジャニーズ事務所の先輩・少年隊の「日本よいとこ摩訶不思議」のカバーが収録されています。また、メンバーによる「アラジャポ・トーク」も収録されているのでこちらにも予約が殺到しました。

豪華すぎる嵐のボーナストラック

通常盤には、長く収録されていなかった「ふるさと」を含む以下の4曲が収録されています。

通常盤

《DISC 2》
01. 僕らがつないでいく
02. the Deep End
03. Make a wish
04. ふるさと

『僕らがつないでいく』
優しいサウンドメロディで始まるスロー・ペースの前向きな応援歌です。高音のユニゾンが美しく、嵐が得意とする音のハモりが心地よいです。また、ファン目線からは、「同じ道を」という言葉で締めくくられたこの曲を聴くと、彼らは同じ道に立って歩いてくれていると感じさせてくれます。

『the Deep End』
嵐でお馴染みの100+さんによる作詞。壮大な曲調と、迫り来るようなサビは数年前の国立競技場の一曲目「movin’ on」を思い出させ、「ここではない場所へ」「挑み続ける」という歌詞にも今の立場に甘んじることなく進化を続けていく彼らの強い決意が見えます。

『Make a Wish』
明るいメロディで始まるこの曲は、爽やかで前向きな王道的楽曲です。嵐らしい明るいポップスソングで、歌詞からは疲れた背中を押してくれるような力強さを感じさせます。コンサートの終盤・アンコールにピッタリな曲です。

『ふるさと』
ようやく収録された嵐の名曲です。これまでも、ワクワク学校や紅白、宮城Blustでも出番がありましたが、ここにきてようやくCD化が実現しました。シンプルな音の組み合わせがメンバーの声を一層引き立ててくれます。

4年連続の5大ドームツアー

通常盤のボーナストラックはいずれもアムバム本編の曲に負けず劣らずの名曲ばかり。本来ならば、これらのボーナストラックだけでアルバムが作れそうな気もしますが、これをボーナストラックとしてしまう所に嵐のアーティストとしての気迫を感じます。

ドームツアーは、本日、11月6日(金)のナゴヤドームを皮切りに、札幌、大阪、福岡と全国を回り、最後に東京ドームで4Daysで締めくくりです。毎回プラチナチケットで争奪戦が行われる嵐のコンサートですが、それにふさわしいパフォーマンスを見せてくれる彼らに今回も期待大です。


▼ツアー関連記事
【初日レポ更新中】嵐『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』が開幕!!ナゴヤドーム<グッズ列・コンレポ・セトリ>
いよいよ嵐『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』開催!!一足先にセトリ・アリーナ構成・限定グッズの色大予想!!
嵐 ドームツアー『Japonism』のグッズが解禁! デザインは和風? ジャンボうちわやペンライトが売り切れ必須!?
『ARASHI LIVE TOUR 2015』座席予想&会場案内もくじ【全5会場リスト】

さいごに

近年は、昨年の『THE DIGITALIAN』のリード曲「Zero-G」や、『LOVE』の「Paradox」のような大人っぽくセクシーな曲が増えてきた嵐ですが、今回のような爽やかで嵐らしい明るいポップスソングも見事に歌いこなしてくれます。メンバー全員が30代に突入しましたが、ボーナストラックに嵐らしい曲を盛り込んでくることも一つの“原点回帰”なのかもしれません。


チケットストリートでは、『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』のチケットをはじめとするジャニーズ関連のチケットを絶賛取り扱い中。Japonismに参戦したい!という方はラストチャンスを逃さないで!

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る