俳優としての顔も注目!編集部一押し、演技派のジャニーズJr.は誰!?

ジャニーズJr. ジャニーズワールド
woman-422706_960_720

コンサートや舞台に限らず、ドラマ・バラエティなど様々なジャンルで才能を光らせているジャニーズのメンバー。デビュー組はもちろんですが、デビューを目指して頑張っているジャニーズJr.たちにも、マルチな才能を持っている子がたくさんいます。

今日は、『Johnny’s World』に出演しているメンバーのなかから、演技力が光るJr.をピックアップしてご紹介します。

「ジャニーズっぽくない」雰囲気

ジャニーズJr.のなかにも、「演技派」と呼ばれる子はたくさんいます。

舞台で圧倒的な存在感を発揮する子、ドラマで隠れた才能を開花させる子など様々です。最近はドラマの主演をジャニーズJr.が務めることも多くなってきましたね。


「俳優」として期待が高まるJr.はこれからどんどん増えてくると思いますが、今、改めて注目しておきたいのが「SixTONES」のメンバーとしても活躍しているジェシーくんです。


父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで、端正な顔立ちと180cmを超える長身は、いい意味で「ジャニーズっぽくない」雰囲気を醸し出しています。

2012年に放送された『私立バカレア高校』の出演を皮切りに数多くのドラマに出演し、様々な役どころをこなしてきました。

自然体と順応性

俳優としてのジェシーくんを見てみると、「ドラマの経験を重ねるごとに、演技力に磨きがかかっている」と感じているファンもきっと多いはず。

2013年に放送された『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』ではSMAPの木村拓哉さんと共演をしていますが、ジェシーくんの演技について木村さんがこのようなことを語っています。

僕はね…ジェシーは自然体だなと。あまり経験がないと、前に出ようとしたり、爪痕を残そうとしたりする方がいるんです。キャラクターとしてではなく、自分自身の存在を残そうとする…というか。それって、共演者やスタッフたちからすると、“ん?”って疑問を抱きがちな言動や表現が多いんですよ。ただ、ジェシーに関してはそういうことは一切ないし、順応性がすごく高いと思う。

何色にも染まっていない強さ

「自然体」「順応性の高さ」は、ジェシーくんの演技力を語る上で欠かせない要素でしょう。

彼の演技には変な力みや癖がなく、「ジャニーズJr.のジェシーくんを見ている」という感覚よりも、「ジェシーくんが演じている人物やその人物を取り巻く世界に入り込んでいる感覚」のほうが強いように思います。

いい意味でジャニーズっぽくない雰囲気があると冒頭で述べましたが、アイドルとしての側面と、演技者としての側面がしっかり棲み分けされていることが、ジャニーズオーラをうまく消せることにつながっているのかもしれません。

何色にも染まっていないからこそ、複雑だったり難しい役どころも器用にこなせるのでしょう。

ドラマだけでなく、昨年9月の舞台『少年たち』でも、“片言の日本語しか話すことのできないアメリカ人の少年”という難しい役どころを演じており、演技者としてのジェシーくんに対する期待は日々高まっています。

さいごに

ジェシーくんに限らず、演技に注目が集まっているJr.はたくさんいます。ジャニーズJr.=歌ったり踊ったりするイメージが強いですが、俳優としての一面に触れてみると、また新たな魅力に気づけるかもしれません。
チケットストリートでは、ジャニーズJr.のチケットをはじめとするジャニーズ関連のチケットを絶賛取り扱い中です。ジェシーくんも出演する『Johnny’s World』のチケットもありますよ。ぜひチェックしてみてくださいね!

関連記事

Sexy Zoneは◯◯に就任、SixTONESは結成7ヶ月! いまジャニワ出演者が熱いワケ
ジャニワの壮絶すぎるスケジュール!あまりの忙しさにセクゾ佐藤勝利くんも思わず・・・
無限の可能性を秘めたジャニーズJr.で結成!ストーンズ(SixTONES)メンバー6人の魅力紹介!

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る