クイーンオブポップのライブの醍醐味とは?安室奈美恵の魅力にあらためて迫る

安室奈美恵
Asha_Yori_Web_light

全国15か所・44公演をめぐるツアー『namie amuro LIVEGENIC 2015-2016』真っ最中の安室奈美恵。デビューから22年経った今でも変わらないパワフルなライブパフォーマンスを見せてくれる彼女の魅力に迫ります。

あらためて、安室奈美恵ってこんな人

1977年沖縄生まれ、現在37歳。後にSPEEDやMAXを輩出する沖縄アクターズスクールに小学5年生から通い始めます。入った当初は女優志望で演技も学んでいましたが、在学中に出会ったジャネットジャクソンの楽曲に影響を受け歌とダンスに夢中になったそう。その後、アクターズスクール内でユニット“SUPER MONKEY’S”を組みデビューします。

個人ではドラマ『いちご白書』やロッテのCM、子供向け番組の『ポンキッキーズ』などに出演し着実に知名度を上げていきます。その頃に出会った現エイベックス社長の松浦勝人や小室哲哉の後押しもあり、ソロデビューを果たします。

95年のNHK紅白歌合戦に初出場、日本有線大賞ではレコード大賞優秀作品賞を受賞し一気に最前線へ。また翌年96年には安室奈美恵のファッションやメイクを真似する女性たちを『アムラー』と呼び社会現象に。


97年に発売された『CAN YOU CELEBRATE?』は自身初のダブルミリオンを記録。人気絶頂のなか結婚・妊娠で活動休止するも約1年で復帰してファンを喜ばせました。

2000年には九州・沖縄サミットのイメージソングに楽曲が起用され、各国首脳の前で日本人アーティストの代表としてパフォーマンスを披露。文字通り、日本を代表する歌手として、老若男女から支持される存在となりました。

ライブではMCがほとんどなし?

約2時間ほど行われるライブでほとんどしゃべらないことで有名な安室奈美恵。ライブ本編のどこかでトークタイムを設けているアーティストが多いものですが、安室奈美恵はライブの世界観を崩したくないという理由でノンストップで歌い続けます。通常トークタイムはファンとの交流はもちろん、体力のペース配分を整えるためにもなっています。それを取らずにパフォーマンスする彼女の体力には圧巻!2時間以上激しいダンスを踊りながら歌い続けるのです。

パフォーマンスや演出重視のため、歌はリップシンクという形をとるアーティストも最近は少なくありませんが、安室奈美恵はどちらも劣らずに全力のパフォーマンスを魅せてくれます。MCなしだからこそ、披露される楽曲数も他のアーティストと比べて多くなります。彼女の全力のパフォーマンスが120%詰まったライブと言っていいでしょう。

現在開催中の全国ツアーの見どころ

9月5日の埼玉公演を皮切りに始まった今回のツアーは、3年ぶりの台湾と香港でのアジアツアーも決定しています。日本だけでなくアジアのファンからも注目されているツアーなのです。

初日のレポートはコチラ
【当日レポ】安室奈美恵『LIVEGENIC 2015-2016』さいたまスーパーアリーナ、初日グッズ列、実物画像、セトリ

初日公演ではバックダンサーを12人従えて迫力満点のステージを披露!人気曲『Golden Touch』もLIVEで披露され、タイトル通りゴールデンの衣装を身に着けステージもゴールド一色に。この日も公演中には2言しか喋らず、2時間で29曲を歌いきり圧巻のステージでした。

さいごに

華奢な体で繰り広げるパフォーマンスは目で見ないと最大限には楽しめません。ぜひ一度ライブに足を運び安室奈美恵ワールドにどっぷり浸かって新たな魅力を見つけてみて下さい。
12月には東京公演もあり、ツアーは年をまたぎ2016年2月まで続きます。チケットストリートでは、安室奈美恵のチケットを取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

絶賛ツアー中!ライブを見る前に予習しておきたい安室奈美恵のアルバムベスト3
安室奈美恵ちゃんとお揃い! みんなのおしゃれをチェック&ライブに身につけていきたいツアーグッズとは?
ついに実現! 安室奈美恵とCrystal Kayの奇跡のコラボに迫る!

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る