ついに女王降臨!マドンナ来日ライブ前に押さえておきたい、ちょっと昔の名曲3選!

マドンナ
madonna1

9月9日にカナダのモントリオールでスタートしたマドンナのワールド・ツアー、『Madonna Rebel Heart Tour』が、ついに日本でも開催が決定。今回は10年振りとなる来日公演で、このニュースを聞いたファンはすでに大興奮の様子。QUEEN OF POPとしてその名を世界に知らしめ、現在、御年57歳にしてますますパワーアップし続けている彼女のライブは、全音楽好き必見!

そこで今回は、ライブ前に抑えておきたい、ちょっと昔の曲をご紹介。「最近の曲はわかるけど、マドンナの過去の名曲はわからない!」という方はまずこの3曲をチェック!

関連記事
マドンナ、2016年2月に10年振りの来日決定!過去の来日と軌跡を振り返る
【祝・来日公演決定】思わず「マドンナ、すげー!」と言いたくなる?予習マストなダンスソング3選!

Like a prayer

1989年に発売されたシングル曲。この当時は、新曲の発売前にラジオで音楽が流れ、いいな、と思ったらCDを購入するスタイルが主流でした。youtubeやサウンドクラウドなどの音楽・動画サービスがなく、新曲をいち早く知るツールとしては、ラジオが主流だったのです。しかし、この曲はラジオが最初ではなく、なんとテレビコマーシャルでお披露目されました。


当時としては型破りな告知方法だったのでなおさら注目を浴びたわけですが、様々な批判にも負けず、多くのチャートでは常に上位にランクイン。3週間もトップの座に輝き続けた伝説的な一曲です。


曲調もその当時に流行りを見せていた、ブラックミュージック、R&Bなども取り入れる形をとっていて、タイトルからも、曲調からも、彼女の激動の数年を垣間見ることができます。

Material Girl

1984年にリリースされたこちらの曲は、知らない人はいないのではないかというポップソングで、アメリカ・イギリスのチャートでは2位、3位にランクイン。「Material Girlはマドンナのアイコニックソングである」と今でも言われています。今でも輝きを放つマドンナですが、この当時のマドンナは女子からも男子からも憧れの的だったようです。


彼女自身もヒットに驚いたほどのベストヒットソングだといえるこの曲。来年の来日ライブでも果たして披露されるのか?!楽しみですね。

Open Your Heart

1986年にリリースされたこの楽曲は、翌年の1987年にMTV最優秀女性ビデオ賞、最優秀芸術監督賞や最優秀振付賞など数々の賞を受賞しました。高い音楽性はもちろんのこと、芸術性の高さも合わせて評価された楽曲です。


昨年のグラミー賞授賞式では、メアリー・ランバート、マックルモア、トロンボーン・ショーティ、ライアンルイスが同性婚や同性愛についての歌を披露した際に一緒に登場し、彼らと一緒にこの曲を披露。多くの人に感動と勇気を与えたと話題となりました。

また、その後もアメリカの人気ドラマ「glee」でも使用され、リアルタイムでこの曲を知らないティーンズの間でも話題になったとか。

ラストチャンス!女王の降臨を見届けよ!


ファンキーな衣装や刺激的なパフォーマンスで常に話題を振りまき続ける彼女ですが、実は数々の素晴らしい“聴かせる”楽曲を多く持つマドンナ。来年2月に行われる来日公演では、どんな曲を日本公演で披露してくれるのでしょうか?昔の曲も聴き返してみて、ライブに備えましょう!

チケットストリートでは、マドンナのチケットをはじめとする海外アーティストのチケットを絶賛取り扱い中。『レベル・ハート・ツアー』一日目はすでにチケットがソールドアウトしていますが、二日目、追加公演のチケットは先行受付中!まだ間に合います。“世界のPOP女王”、マドンナの来日ライブ、お見逃しなく!

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る