BABYMETALのサウンドプロデューサーとして活躍中、ゆよゆっぺの実力とは?

BABYMETAL
tekisome_artist_shou

BABYMETALのサウンドクリエイターとして人気急上昇中のゆよゆっぺ。彼の魅力に迫ってみたいと思います。

▼お知らせ 「ライブる」のLINE始めました!
友だち追加数

ゆよゆっぺとは?簡単なプロフィール紹介

クリエイター、アーティスト、DJなど多角的に活動するゆよゆっぺは、平成元年生まれの26歳、茨城県大洗町出身です。ゆよゆっぺという名前だけ聞くと女性を連想する方も多いかもしれませんが、性別は男性です。作詞家、作曲家、歌い手、音楽プロデューサー、DJと様々な肩書きを持っています。

ニコニコ動画にてVOCALOIDの曲をアップロードし続け、殿堂入りになるほどの人気を博し徐々に知名度を上げていきました。

その後、2012年にメジャーデビューを果たします。併行して「My Eggplant Died Yesterday」や「GRILLED MEAT YOUNGMANS」という名義のバンド活動も行いながら「DJ’TEKINA//SOMETHING」名義でROCK IN JAPAN FESTIVALSUMMER SONICにDJとして出演するなどの活動も行っています。

近年ではBABYMETALのサウンドプロデューサーとしても注目を浴びています。

サウンドプロデューサーとして大成功

BABYMETALが海外のメタルチャートにて首位を獲得したことにより、ゆよゆっぺはサウンドプロデューサーとして世界的に知られるようになりました。現在はBABYMETAL唯一の公式リミキサーも務めています。

その他、アイドルへの楽曲提供や声優とのコラボなど、ジャンルや界隈にとらわれない活動姿勢が多くの支持を得ています。趣味で作ったRemixがSPEEDに公認されたり、TRFにも気に入られスタジオに招待されるなど、その実力を認めるアーティストも数多く、日に日にファンが急増しています。

また、ベトナム・シンガポール・チリ・台湾・フィリピンなど海外イベンターからのオファーも多く、海外のファンも多く獲得しています。

BABYMETALとの関わり

ゆよゆっぺがBABYMETALのサウンドプロデュースを手掛けている楽曲をいくつかご紹介したいと思います。まずは、BABYMETALの1stシングル『イジメ、ダメ、ゼッタイ』のカップリング曲になっている「BABYMETAL DEATH」。

呪文のように繰り返す「BABYMETAL DEATH!!」というフレーズが耳に残るデスメタルナンバーに仕上がっています。

次に、インディーズ2作目のシングル『ヘドバンギャー!!』のカップリング曲となっている「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」。

こちらはメタルコアなサウンドにポップなメロディが合わさり、デスボイスや間奏にキラキラ星のメロディーがあったりと遊び心満載のアッパーチューンに仕上がっています。
最後に、2ndシングル『メギツネ』の表題曲「メギツネ」。

こちらは和楽器やお祭りらしいかけ声などを織り交ぜたユニークな楽曲に仕上がっています。

さいごに

ジャンルを越えて活躍するゆよゆっぺ。今後はどんなアーティストのサウンドプロデュースを手掛けるのか楽しみです。

チケットストリートでは、BABYMETALのチケットをはじめとする国内アーティストのチケットを絶賛取り扱い中です。あなたのほしいチケットがあるかもしれないので、是非一度覗いてみてください。

画像参照元:ゆよゆっぺオフィシャルサイト

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る