【祝・来日公演決定】思わず「マドンナ、すげー!」と言いたくなる?予習マストなダンスソング3選!

マドンナ
madonna5

2月13日に来日公演が決まり、初日のチケットは早くもソールドアウトとなっているマドンナ。待ちに待った来日公演ですが、その前にちょっとおさらい。今回は、ライブ前に抑えておきたい比較的最近の3曲を紹介していきます。知っている人も知らなかった人も、「マドンナ、すげー!」と思わずつぶやきたくなる3選です。

アメリカのモテ男(年下)とも絡みまくる姉さんがすごい。4Minutes

2008年に発売された曲で、発売まで色々なことがあり荒波を乗り越えて発売されたと言われている一曲。人気イケメンシンガー、ジャスティン・ティンバレイクとコラボした曲で、ヒップホップ調のアゲアゲなリズムは踊りたくなること間違いなし!

元々は違うタイトルでしたが、発売前のネット流出騒動などもあり、4Minutesというタイトルに落ち着いたわけです。こういった数々の問題も乗り越えながらリリースされ、なんと30種類におよぶそれぞれ違った4minutesがそれぞれのCDに収録されることとなったとか。

また、このミュージックビデオには日本人ダンサーが出演し話題となりました。はむつん・サーブというストリートダンサー二人組のパフォーマンスは必見。出演のきっかけは、マドンナ本人がyoutubeで二人のダンスを発見したことから。直々にオファーし、共演が実演したとか。

マドンナの特筆すべき素晴らしさのひとつとして挙げられるのが、このように有名・無名に関係無く、世界中の若手ダンサーなどの才能をいち早く発掘し、積極的にコラボレーションしているところ。新しいモノ、“Coolなモノ”に対するアンテナが衰えず、絶えず話題を生み出しているのはさすがです。MVでは年下の色男・ジャスティンとの迫力の絡みに注目。

クラブでかかると歓声があがる?!アゲアゲ・ダンスチューン、Give Me All Your Lovin

2012年に発売されたアルバム、『MDNA』からはこの曲をライブ前に抑えておくといいのではないでしょうか。プロデュースと歌詞の執筆をマドンナ自身で手掛け、Martin SolveigにM.I.A.、 Nicki Minaj、 Michael Tordjmanという豪華面々が制作に協力をしています。

発売前からもかなりの注目を浴びていたようですが、やはりリリース後もヒットを叩きだしました。

特に、アメリカ・カナダ、フィンランドやハンガリーなどのヨーロッパで高評価され、クラブでこの音楽を聴かないことはないほどだったとか。日本国内のクラブでも人気の一曲であり、クラブ好きの間では「おっ?!」となる一曲なのではないでしょうか。

曲調としては、どこに属する音楽か判断が難しいところではありますが、ポップ・ダンス・エレクトロニックの融合といった感じといえます。落ち着いたライブよりは、派手で勢いのある音楽を好むマドンナですから、この曲も予習しておきましょう。

人気ラッパーとのコラボレーション!Revolver (with Lil Wayne)

2010年にCDが発売されたのですが、それ以前の2009年にデジタル版が発売されています。海外のどの地域でもデジタル版はクリスマス前後に発売されていて、冬のイメージが強い楽曲です。

今回の来日が2月で、この曲のCDリリース時が2010年の2月でしたし、日本のライブでも歌ってくれるのではないかと期待しまいます。

また、CDのB面にはCeleblationが入っており、10年振りの来日というキリの良い年と、リリースから6年のCeleblationとしてうたってくれることを願ってやみません。コラボした、Li Wayneが来日するという話は聞いていないので、披露されるとしたら、マドンナ単独で歌うことになりそうです。

さいごに

数々のヒット曲を世に送り出してきたマドンナのこれだけは抑えておきたい曲、3曲をピックアップしました。2月までに聴きこんで、マドンナのライブをより一層楽しいものにしましょう!
チケットストリートでは、マドンナの『Rebel Heart Tour』チケットをはじめとする海外アーティストのチケットを絶賛取り扱い中。2月13日の他、翌日14日に追加公演が行われることも発表されたばかり。マドンナを見て、素敵なバレンタインにしちゃいましょう!

こちらもおススメ!

「マドンナ、2016年2月に10年振りの来日決定!過去の来日と軌跡を振り返る」

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る