PATA緊急入院でX JAPAN一時休止・英国公演延期を発表。YOSHIKI「倒れそう」、SUGIZO「虚無感」…メンバーの心労もピークに?

X JAPAN
XJAPANWembley

すでにニュース等で発表されているように、X JAPANのギター・PATAが緊急入院したこと明かし、今後の活動の一時休止、今年3月12日に予定していた英国・ウェンブリー・アリーナ公演は来年に延期することが発表されました。

PATAは1/15から都内の病院に緊急入院。ICU(集中治療室)で治療を受けていたが、深刻な状況を脱し、現在は小康状態。大腸憩室炎及び門脈血栓症と診断され、点滴で栄養補給を行っている。ウェンブリー・アリーナ公演は来年3/4を振替公演とし、3/11に発売を予定していた新アルバムに関しては、状況を見ながら検討する予定としている。

メンバーからのコメント

YOSHIKI

YOSHIKIは、「悲しい気持ちで心がいっぱいです。言葉では表せないほど、ファンの皆様を悲しませてしまって本当に申し訳ないと思っています。”SHOW MUST GO ON“(ショーは続けなければならない)といつも口にしていますが、今はPATAの容態を見守ることしかできません」と心境を吐露。「これ以上X JAPANに悲劇が起きないことを祈るばかりです。ファンのみなさんなくしてX JAPANはありません。今まで以上になく強くなって復活することを約束します」とファンに呼びかけた。

ToshI

「ファンの皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。今後もXJAPANとして再びPATAと一緒に音楽活動ができることを楽しみにしております」

HEATH

「ウェンブリー公演、ニューアルバムが延期となりましたことを、心よりお詫び申し上げます。完璧な状態でのX JAPANをファンの皆様にお届けする為にお時間を頂くこととなりました。完全復帰の際には最高のサウンドを奏で、最高なステージを繰り広げてまいりますので、今後の活動にご期待下さい」

SUGIZO

「PATAさんのいないX JAPANはありえない。俺は待ち続けます」

メンバーが心配

PATAの入院からウェンブリー・アリーナ公演の延期を受けて、YOSHIKIが「俺もそろそろ倒れそう…」とコメント。ファンが、その心労を心配しています。

また、SUGIZOは、1月半ばにデヴィッド・ボウイが亡くなったことに大きな衝撃を受けており、「貴方がいなければ俺はここにはいなかった。貴方が心の到達点だった」と綴っていました。さらに、ツイッターでは「虚無感」「姿を消す」などの言葉が残されており、ファンからは「無理しないで」と多くのコメントが寄せられています。

ファンは「運命共同体」待ってます!

ファンは、「こういうときこそ、運命共同体だ!」と一致団結しようと呼びかけている人たちが多く見られました。YOSHIKI、SUGIZOの体調も心配ですが、PATAの退院・復帰を祈ることにしましょう。

ステージに復帰する日を待ってます!

チケットストリートでは、X JAPANのチケットをはじめとする幅広いジャンルのチケットを絶賛取り扱い中です。この機会に是非一度チェックしてみてください。欲しいチケットのリクエストも出来ますので、もしかしたら譲ってくれる人と出会えるかも!

関連記事

X JAPANを心底リスペクトする国内有名アーティストとは?

最高にロックで、ひたすらにレジェンド。メンバーの深イイ名言まとめ

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る