羽生・宇野にますます期待!フィギュアスケート世界選手権2016に注目!

フィギュアスケート
スクリーンショット 0028-01-21 17.22.03

オリンピックの行われないシーズンで、選手たちが最大の目標にしている試合が「世界選手権」です。

前シーズンの結果によって各国に男子・女子・ペア・アイスダンスの各種目ごとに「枠」が振り分けられます。

そして各国のナショナルを勝ち抜いてきた者だけが出場できる最高峰の大会なのです。

羽生選手の王座奪還に期待

世界選手権男子シングルの代表には全日本選手権1位の羽生結弦選手と2位の宇野昌磨選手が選ばれました。

前シーズンの世界選手権の結果を受け、今シーズンの日本の男子の枠は2であったため、順当に1位の羽生選手と2位の宇野選手が選出されています。

宇野選手は初めての世界選手権となります。

羽生選手・宇野選手はともに今シーズングランプリファイナルにも出場し、それぞれ1位、3位という結果を残しています。

特に羽生選手は、今シーズンスケートカナダで2位になった以外はすべての試合で優勝しています。

去年2位に終わった悔しさがある分、世界選手権では王座奪還を目標にしてくることでしょう。

それを追いかけるのが、まだ10代で成長著しい宇野選手、去年の世界選手権王者ハビエル・フェルナンデス選手、

今シーズン唯一羽生選手に勝っているパトリック・チャン選手の3人が追いかける形が予想されます。

さらに今シーズン大躍進を遂げている中国のボーヤン選手が4回転ルッツをしっかり決めてどこまで追い上げてくるのかも非常に楽しみです。

ロシアVS日本VSアメリカの女子

女子は、世界選手権代表として3つ枠がありますので全日本選手権1位の宮原知子選手、3位の浅田真央選手、4位の本郷理華選手が選出されました。

全日本選手権2位の樋口新葉選手はジュニアの選手のため、世界選手権ではなく、世界ジュニア選手権の代表に選出されています。

まだロシアとアメリカは世界選手権代表選手を決定していませんが今シーズン、グランプリファイナルに進出した6人の選手(ロシア・日本・アメリカ各2名)が戦いの中心になりそうです。

今シーズン安定した演技を見せ続けてくれている宮原知子選手は先シーズンの世界選手権、今シーズンのグランプリファイナルでともに銀メダルを獲得しています。

もちろん今シーズンの目標は世界選手権で表彰台の真ん中に立つことでしょう。

すざまじい努力に支えられている圧倒的な安定感が持ち味の宮原選手の活躍が楽しみです。

また、今シーズングランプリファイナル、全日本選手権と不本意な結果に終わっている浅田真央選手。

しかし、不本意な結果ではあるものの、今まで踏み切り違反で減点され続けてきたルッツジャンプに加点がつくなど進化を遂げています。

休んでいた分試合勘は鈍っているかもしれません。しかし浅田選手には豊富な経験があります。

また4大陸選手権を辞退し、世界選手権にむけて準備をすると意気込んでいます。

追い込まれたときにとことん強い浅田選手の笑顔が、世界選手権で見られるように応援したいものです。

世界選手権のすごさ

今回のフィギュアスケート世界選手権2016はアメリカのボストンにて3月28日から4月3日の日程で行われます。

今回で106回目の開催となります。世界選手権に出場するためには、各国の予選を勝ち抜かねばならないと同時に、最低技術点というものをショートプログラム・フリースケーティングの両方でクリアしていることが条件となります。

この最低技術点は国際スケート連盟の定められた大会で獲得しなければなりません。

男子シングルの場合
ショートプログラムが34.00点
フリースケーティングが64.00点以上

女子では
ショートで27.00点
フリーで47.00点

という基準をクリアすることができないと各国の予選を勝ち抜いたとしても世界選手権に出場することはできないのです。

今回全日本選手権のあとに行われた世界選手権代表についてアイスダンスについては「今後の国際競技会の結果によって選出する」とされていました。

これは全日本選手権に出場したカップルの中で最低技術点をクリアしたカップルがいなかったからですが、先日の国際大会で最低技術点をクリアした村元・リード組を世界選手権の代表にすると最近、発表がありました。

さいごに

今シーズンの締めくくりでもあり、各選手はこの大会に出場し、良い結果を出すために全力を注いできています。

また、来年の世界選手権の「」をとるためにも非常に重要な試合です。なぜならば平昌オリンピックの枠は来年の世界選手権の結果によって振り分けられます。
20130504110428-1 2
だからこそ来年の世界選手権にできるだけ多くの選手が出場できるように今年しっかりと男女ともに3枠、ペア・アイスダンスも1枠以上を確保することが重要だからです。熱い戦いが繰り広げられる世界選手権を楽しみに待ちましょう。

チケットストリートでは、国内で行われるフィギュアスケートのチケットや、全米フィギュアスケート世界選手権のチケットまで、絶賛取り扱い中。あなたのほしいチケットがあるかもしれないので、是非一度覗いてみてください。


画像参照元:中央日報

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

その他の記事

アクセスランキング

もっと見る