a flood of circleのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数138,814枚、本日の新着チケット数490

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

a flood of circle(フラッドオブサークル)のライブ・コンサートチケット一覧

a flood of circle(アフラッドオブサークル)は、日本のロックバンド。 2006年の結成時は4人組であったが、現在のメンバーはギターボーカルの佐々木亮介、ドラムスの渡邊一丘、ベースのHISAYOの3人組。 サポートメンバーとしてギターの奥村大、曽根巧などがいる。 2007年、初音源となるミニ・アルバム『a flood of circle』をCRUXレーベルからリリースし、「フジロック(FUJI ROCK FESTIVAL)’07」にも参加。2009年にはファースト・アルバム『BUFFARO SOUL』でビクタースピードスターからメジャーデビューを果たす。 2012年にはレーベルをテイチクエンタテイメントに移籍し、ミニアルバム『FUCK FOREVER』をリリース。さらにアルバム『I’M FREE』を発表後、47全都道府県を廻るツアー「Tour I'M FREE “AFOCの47都道府県制覇!形ないものを爆破しにいくツアー”」を敢行し、ファイナルは日比谷野外音楽堂で迎えた。 その後も、サッカー2014・FIFAワールドカップをモチーフにした朝日新聞CM「サムライに告ぐ」篇に新曲「GO」が使用されるなど大きな話題を呼んだ。 バンド結成10周年を迎える2016年には、ベストアルバム『10th Anniversary BEST ALBUM "THE BLUE"ーAFOC 2006-2015ー』のリリース、自身初となる海外ツアー「THE BLUE TOUR in LONDON -青く塗れ!倫敦編-」の開催、ベストアルバムリリースツアーとして国内では2年ぶりのワンマンツアー「THE BLUE TOUR -青く塗れ!-」の開催と、アニバーサリーイヤーを飾るビッグイベントを行う。

a flood of circle(フラッドオブサークル)の日程

すべての日程

a flood of circle presents A FLOOD OF CIRCUS 大巡業 2019
a flood of circle presents A FLOOD OF CIRCUS 2019
chiba LOOK presents "唄声喫茶るっく 〜まさかの東京追加公演編〜"
2日通し券 ARABAKI ROCK FEST.19
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決chiba LOOK presents "唄声喫茶るっく 〜まさかの東京追加公演編〜"

    • 新代田FEVER(東京都)
    • スタンディング 整理番号50〜100番の間 唄声喫茶るっく ~まさかの東京追加公演編~ 出演 村松拓(Nothing's Carved In Stone) 佐々木亮介(a flood of circle) 蒼山幸子(ねごと) OA:福川 哲也 Gigantics LIBOO

      • プレイガイド
      • 4,850円/枚
    • 1枚のみ
全3件 1-3件目

a flood of circle(フラッドオブサークル)のチケットを都道府県で探す

a flood of circle(アフラッドオブサークル)のライブの魅力について

a flood of circleはデビューしてから精力的にシングルやアルバムのリリースと行うと同時にライブ活動にも力を入れている事が特徴のバンドです。ワンマンライブを行うだけではなく、自らイベントを主催して様々なアーティストと共演もしています。また、野外フェスやイベントにも積極的に参加している等、数多くのライブを経験している事で安定した高いパフォーマンスのライブを常に行っています。ライブではロックチューンのアップテンポの楽曲からしっとりと聞く事の出来る穏やかな楽曲まで幅広く演奏しています。2010年にベースのHISAYOが加入した事で音に深みが増しただけではなく、女性ならではの繊細な音作りとなった事で表現力の高いライブとなっています。キャッチーなメロディーの楽曲が演奏される事も多く初めてライブに来た方でもバンドの良さや魅力をすぐに感じる事が出来ます。ライブの構成自体に一貫性や統一感がある事から一つの物語のように感じる事が出来たり効果的に演出を使用している事でバンドの世界観を綺麗に表現している事も見所となっています。ライブが終わった後には気持ちの良い爽快感や疲労感を味わえる等、満足度の高いライブが魅力のバンドです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口