全日本吹奏楽コンクールのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数153,980枚、本日の新着チケット数4,549

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

全日本吹奏楽コンクールのチケット一覧

全日本吹奏楽コンクールとは、社団法人全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催し、毎年開催されている音楽コンクールです。コンクールは大きく中学校・高等学校・大学・一般部門に分かれています。コンクールにはルールがあって、毎回課題曲と自由曲があり両方合わせて12分以内での演奏となります。人数の制限もあります。作音楽器のみで、ブラスバンド構成やオーケストラなどの参加は認められていません。審査はABCの3段階でAが過半数なら金賞でCが過半数なら銅賞それ以外は銀賞です。コンクールは事前に予選会があり予選会上位の学校などが本選出場となります。全国規模の大きな大会であり、テレビで特集されることもあり注目される大会でもあります。

全日本吹奏楽コンクールの日程

すべての日程

第66回全日本吹奏楽コンクール 大学の部
第66回全日本吹奏楽コンクール 職場・一般の部
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全63件 1-63件目

全日本吹奏楽コンクールのチケットを都道府県で探す

全日本吹奏楽コンクール・高校の部

全日本吹奏楽コンクールとは、全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催する夏のコンクールのことで、国内最大級の吹奏楽のイベントです。中学、高校、大学、職場・一般の部とありますが、中でも高校の部はテレビ番組で取り上げられたこともあり、吹奏楽の甲子園と称され人気が高いです。ここでは高校の部について主に書きます。コンクールは課題曲と自由曲で構成され、各校は課題曲数曲の中から一つと自由曲一つを選んで演奏します。審査員が点数をつけ、最終的に金賞・銀賞・銅賞に振り分けます。地区大会、県大会、支部大会を勝ち抜いて選ばれた学校が本選である全国大会に出場することが出来、全国大会金賞を目指して競い合うのです。そのために生徒たちは運動部のように授業前に朝練をし、放課後も遅くまで練習をします。コンクールは出場出来る人数が決められているので、コンクールに出場するためのオーディションを設ける学校もあります。有名な学校には有名な指導者がいることが少なくないですが、強豪校ほど指導者と生徒の信頼関係があるように思われます。練習は決して楽ではありませんが生徒はみな真剣で指導者も含め一体感があり、そこから生まれる音楽は素晴らしいものがあります。アマチュアではありますがとても聴き応えがあり、全国大会ともなると大きな会場にも関わらずチケットが売切れてしまうほどです。高校生たちが創り上げた、汗と涙、努力を感じられる演奏を是非生で聴いてみてください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口