19/2/19(火) 19:00 横浜みなとみらいホールの公演 アリーナ・イブラギモヴァのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数162,534枚、本日の新着チケット数2,946

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

アリーナ・イブラギモヴァ (vl) / セドリック・ティベルギアン(p)
19/02/19(火) 19:00 横浜みなとみらいホール

会場情報

アリーナ・イブラギモヴァはロシアに生まれ、イギリスで学び、ピリオド楽器、モダン楽器両方を弾きこなす若手女性バイオリニストです。2002年にソロ活動を開始する前から数々の国際コンクールに入賞し、ヨーロッパで注目を集めていました。ロンドン交響楽団をはじめ、世界各国のオーケストラや名指揮者と共演する一方で、ソロコンサートや室内楽でもツアーを行っています。ベートーベンのバイオリンソナタやシューベルトのバイオリン作品全集など、日本国内でも10枚のCDが発売されています。2013年には日本でベートーベンのバイオリンソナタの全曲演奏を3日間にわたり開催し、2015年と2016年にはモーツァルトのバイオリンソナタの全曲演奏会を行うなど、全曲演奏に精力的に取り組むアーティストとして話題になりました。2019年には過去の全曲演奏会と同じデュオパートナーであるピアニスト、セドリック・ティベルギアンと共に再来日し、バイオリンとピアノのデュオリサイタルを行います。

現在、ヨーロッパで最も注目されているバイオリニストの一人がアリーナ・イブラギモヴァです。1985年にロシアで生まれ、モスクワの音楽学校を経て家族でイギリスに移住し、ユーディ・メニューイン・スクールと王立音楽院で学びました。ヨーロッパの数多くのオーケストラと共演し、時にはソリストとして弾き振りを行い、室内管弦楽団ともツアーを行っています。ソロコンサートも世界各国で行われており、日本で注目を浴びたのは2013年、2015年、2016年と来日した際のベートーベンとモーツァルトのバイオリンソナタ全曲演奏会です。ピアニスト、セドリック・ティベルギアンとデュオを組んだこれらのコンサートは大きな話題を呼び、日本で多くのファンを獲得しました。2019年にもセドリックと共に来日ツアーが予定されています。バロック音楽から現代音楽まで、ビリオド楽器からモダン楽器まで幅広いレパートリーを若い感性で弾きこなすアリーナ・イブラギモヴァは、今最も見逃せないアーティストです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口