全日本プロレスのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

全日本プロレスのチケット一覧

全日本プロレスは、1972年に設立されたプロレス団体です。初代代表取締役社長の馬場正平(ジャイアント馬場)が中心となり、創設されました。当初よりジャイアント馬場がドリー・ファンク・シニア、フリッツ・フォン・エリック、ブルーノ・サンマルチノらの協力のもと、豪華外国人選手の招聘に成功して話題となりました。また日本人レスラーについても、大熊元司、マシオ駒、サムソン・クツワダらを確保しました。そして力道山の息子である百田光雄、百田義浩らもレスラー、リングアナウンサーとして迎えています。それにより力道山時代から続く「日本人選手VS外国人選手」の流れを受け継ぎました。またザ・ファンクスとアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シークによる流血戦も話題となりました。80年代になるとアントニオ猪木が率いる新日本プロレスとの引き抜き合戦となりました。この頃、有力選手として大仁田厚や天龍源一郎らが頭角を現しました。ジャイアント馬場は高齢を理由にタイトル戦から退き、日本人同士の対戦がメインとなりました。1989年にはジャンボ鶴田が三冠ヘビー級王者に輝いています。1990年代に入ると、王道プロレスの全盛期となりました。興行的には年間7回の日本武道館公演や、東京ドーム公演を成功させています。プロレス四天王と呼ばれた三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明らを中心に、激しいプロレス試合が展開されるようになりました。2014年より、秋山準体制が発足しました。宮原健斗をはじめとする新エースの台頭や、インディー選手らの活躍により再び盛り上がりを見せています。さらにインターネット動画配信サイト「全日本プロレスTV」での試合動画配信を開始しました。また大日本プロレスと隔月で若手選手による興行AJ PHOENIXも行われています。2019年4月4日より、「2019 Champion Carnival」を開催します。4月29日の後楽園ホール(東京)は優勝決定戦です。

全日本プロレスの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/4/29()
  • 18:30
後楽園ホール

東京都

全日本プロレス 2019 Champion Carnival
特別席 東側ろ列10番台 1枚となります。
1枚のみ6,000円/枚
  • 2019/4/29()
  • 18:30
後楽園ホール

東京都

全日本プロレス 2019 Champion Carnival
南側 A列 16番 特別席です。
1枚のみ7,500円/枚
  • 2019/4/28()
  • 18:30
後楽園ホール

東京都

全日本プロレス 2019 Champion Carnival
特别席 西侧 B列 5,6,7,8番
4枚連番(バラ売可)4,000円/枚
  • 2019/1/2()
  • 11:30
後楽園ホール

東京都

全日本プロレス 2019 NEW YEAR WARS
西側、い列、10番です。
1枚のみ7,000円/枚
  • 2019/1/2()
  • 11:30
後楽園ホール

東京都

全日本プロレス 2019 NEW YEAR WARS
特別席 北側ろ列13番
1枚のみ7,000円/枚
  • 2018/12/22()
  • 12:30
新木場1st RING

東京都

ファン感謝デー
西側、特別席、い列、11番です。
1枚のみ5,500円/枚
  • 2018/8/18()
  • 18:30
後楽園ホール

東京都

全日本プロレス 2018 SUMMER EXPLOSION Jr. TAG BATTLE OF GLORY
南のE列です。
1枚のみ4,000円/枚

日本でもメジャーな格闘技として人気が高いプロレスですが、その中でも特に有名かつ大規模な団体が全日本プロレスです。多くのプロレスラーを抱えている興行会社であり、日本人だけではなく外国人のプロレスラーも抱えていることから非常に幅広いプレイを得意としている会社となっています。開催されているイベントは基本的にプロレス関係のものとなっており、会社が抱えているレスラー同士での試合が中心となって開催されています。人気のレスラーだけではなく新人の顔合わせ的な意味を兼ねているものも多く、中には町おこしのイベントとしての開催やチャリティーイベントとしての開催もあるため、多種多様な目的でのイベントを開催しているようです。同じ会社内のレスラーの試合だからとマンネリ化するということはなく、対戦相手を入れ替えたりトーナメント方式にするなどの工夫がされており、会場の規模も中規模もしくは小規模となっているため観客との距離が近いというところも魅力です。また、イベントに関してはツアーで開催されている場合も多く、全国ツアーで開催されている際にはある程度都市部を中心として開催されているので、交通面でも通いやすくなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口