チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 天満月の猫のチケット一覧

舞台『天満月の猫』は、猫たちの恋や争いのドラマを描く人気舞台作品です。1995年に結成したJungle Bell Theater(ジャングルベル シアター)の代表で、脚本・演出をつとめる浅野泰徳が制作し、2013年の春公演にて上演されています。その後も数々の劇団にて上演される人気戯曲となり、2014年、2015年にはGRIPPERプロデュースとスタンダードソングの宇治川まさなりの演出で、2018年にはLIVEDOG社プロデュースと松多壱岱の演出で再演を果たしました。2020年公演はシアター風姿花伝にて行われ、2014年の公演で主演をつとめた緑川睦が演出を手がけることが決定しています。主演はボーカルユニット・First placeのボーカルをつとめるRYOMA。ヒロインは劇団シタチノの若松春奈がつとめる他、パフォーマンス・ユニットTOKYO流星群の騎田悠暉、若菜太喜、小林弥生、大見洋太、寶珠山駿、劇団4ドル50セントの八鍬乃々など人気アーティストや俳優が集結した充実の配役となっています。

舞台 天満月の猫の日程

すべての日程

舞台 天満月のネコ

舞台 天満月の猫のチケットを都道府県で探す

人気演出家や新進気鋭の俳優たちによって、観客を魅了し続ける舞台『天満月の猫』。笑いあり、涙ありのストーリーが魅力の、猫たちの戯曲です。1995年に結成し、2018年までは劇団として、その後は形を変え活動を継続するJungle Bell Theater(ジャングルベル シアター)の代表・浅野泰徳によって脚本が書かれ、以来、松多壱岱や宇治川まさなりなど人気演出家のもと、さまざまな形で再演されてきました。主人公の猫・レグルスは、飼い主の引っ越し中に車から逃げ出して天満町に迷い込み、ペットショップに閉じ込められたヒロイン猫のミヅキに一目惚れをします。初めて出会う野良猫や町に暮らす動物との出会い、ボス猫同士の縄張り争いのトラブルや初恋を経験し、「箱入り」猫であったレグルスがたくましい大人猫になっていく物語『天満月の猫』は、プロデューサーやスタッフ、キャストによって違った味わいをみせる、演劇ファン必見の舞台作品です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート