APOGEEのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数140,701枚、本日の新着チケット数120

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

APOGEE(アポジー)のライブ・コンサートチケット一覧

2001年に結成され、2003年から本格的な音楽活動を開始したAPOGEE(アポジー) は、ヴォーカル&ギターの永野亮、ドラム&コーラスの間野航、シンセサイザー&ギター&コーラスの大城嘉彦、ベース&コーラスの内垣洋祐の4人組バンドです。TBS系のカウントダウンTVで2006年3月度エンディングテーマとして使われた曲をはじめ、テレビ朝日系業界技術狩人 ギョーテックの2007年10月から12月度エンディングテーマとして使われるなど、多彩な作品を世に出しています。 2018年09月22日に東京代官山UNITで開催されたAPOGEEワンマンライブ2018「Higher Deeper」をはじめ、精力的に活動してきました。しかし、ベース&コーラスの内垣洋祐が2019年3月1日に開催される渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブ「CHRONICLE」で脱退することが発表されています。ライブは18時開場、19時開演です。

APOGEE(アポジー)の日程

すべての日程

APOGEEワンマンライブ2019「CHRONICLE」

APOGEE(アポジー)のチケットを都道府県で探す

APOGEE(アポジー)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/9/22()
  • 18:00
代官山UNIT

東京都

APOGEEワンマンライブ2018 『Higher Deeper』
整理番号A190〜210の間です
1枚のみ4,000円/枚

ハイセンスな音楽性や美しいメロディラインが人気を呼んでいるバンドです。特にヴォーカルの声がバンドのサウンドと重なることで、相乗効果的なよさを発揮しているといえるでしょう。アルバムを出していくごとに、音楽性の高さが極まっていくアーティストだと感じるファンは少なくありません。情景を表現するサウンドに関する実力の高さは、他のアーティストにはまねできないものがあります。何度も聴いていくと癖になって、離れられなくなる感じを好むファンも少なくありません。 音楽性の高さから、聴いていて幸せを感じさせるサウンドのバンドというのは、APOGEE(アポジー) だけでしょう。1曲1曲にやさしさやせつなさ、幸せを感じさせるイメージが凝縮されているといいます。緻密に作り上げられたサウンドや、メロディラインは聴いているだけで1曲ごとの世界観にどっぷり浸らせてくれるでしょう。全部歌詞が英語の楽曲もありますが、不思議に日本人らしさを感じさせてくれるのもAPOGEEの作る楽曲ならではといえます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口