四月花形歌舞伎のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数154,906枚、本日の新着チケット数1,482

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

四月花形歌舞伎のチケット一覧

四月花形歌舞伎は、毎年4月に開催される歌舞伎のこと。 2015年の公演では中日劇場開場50周年記念公演として、中日劇場四月花形歌舞伎が上演された。上演される演目は毎年異なり、操り三番叟(あやつりさんばそう)、雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)、新・八犬伝(しん・はっけんでん)が昼夜二部制で上演された。 『操り三番叟』は歌舞伎舞踊の「三番叟物」といわれる祝儀舞踊の一つで、演者が糸操りの人形に扮して三番叟を踊るという趣向の作品。中日劇場開場五十周年記念公演の幕開けにふさわしい演目を、市川右近が勤める。 舞台や映画で先人たちが何度も手がけてきた名作『雪之丞変化』は、本公演で市川猿之助のために新たに書き下ろされた作品としてよみがえる。 『新・八犬伝』は滝沢馬琴の名作を歌舞伎化したもの。伏姫の体内から飛び散った八つの光る玉を持つ「八犬士」が集結し、乱世を鎮めるべく活躍する冒険譚。平成25(2013)年、大阪で大好評を博した演目をいっそう練り上げ、片岡愛之助が再び挑んだ。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口