有賀啓雄のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

有賀啓雄のライブ・コンサートチケット一覧

有賀啓雄は1964年10月14日生まれのベーシストです。原田真二のバックバンド「クライシス」崎谷健次郎のバンド「VIZION」のメンバーとして活躍しました。1987年に「雨色の僕と君」でシンガーソングライターデビューしました。その後に、米米CLUBの石井竜也との音楽ユニット「ACRI」を結成するなど、積極的に音楽活動行い並行してセッションベーシストや作詞作曲家などの音楽プロデューサーとしての活動を行い、米米CLUB、岡村靖幸、鈴木雅之、藤井フミヤなどの作品に関わりました。さらに、槇原敬之のコンサートサポートミュージシャンを務め2005年からは、小田和正のサポートミュージシャンを務めているなど、その才能の幅は計り知れません。

シンガーソングライター有賀啓雄について

有賀啓雄は、1964年10月14日生まれで、出身地は東京都です。日本のシンガーソングライターとして活躍を続ける一方、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ベーシストなど幅広いジャンルで活動している、ミュージシャンです。1987年に、「雨色の僕と君」という曲で、シンガーソングライターとしてデビューしました。代表作には「君の悲しみをきかせてよ」があります。「あと1センチ傘がよったら」という曲は、俳優でもある吉田栄作に「プラトニック」と改題してカバーされた実績があります。繊細でしっとりとした曲名が多く、音楽を陰で支えるベーシストとしての感性を感じられます。ベーシストとしての活動は、華々しいものがあります。日本のミュージック界を引っ張ってきた、米米CLUB、鈴木雅之、中西圭三、中山美穂、藤井フミヤなど、素晴らしいミュージシャンのベーシストを務めてきました。また、芸能人の中でも、渡辺美里とは交流が深く、アルバムの制作に携わったり、ライブではバンドマスターを務めるなどしました。2005年からは、小田和正のサポートミュージシャンを務めています。1998年のテレビアニメ「彼氏彼女の事情」のオープニング曲の作、編曲を務めたことでも知名度のある人物です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口