三遊亭究斗のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数160,047枚、本日の新着チケット数842

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

三遊亭究斗のチケット一覧

日本で唯一のミュージカル落語家、三遊亭究斗(本名 雉鳥攻策、落語協会所属)は1963年に香川県高松市に生まれました。 ボクシングの世界に憧れ上京するも挫折した究斗は、1988年に劇団四季へ入団、足かけ10年に及ぶ在団中に「ハムレット」や「李香蘭」など数多くのミュージカルに出演し、海外公演にも参加しました。 しかし34歳のとき一念発起し落語家へ転身、春風亭小朝に入門します。(2001年に三遊亭円丈門下へ移籍)その後はミュージカル俳優出身の究斗にしか創り出せない「ミュージカル落語」という新境地を切り拓きます。 2010年からは教育と娯楽を合わせたエデュテイメントの要素も新しく作品に盛り込み話題を集めます。2018年11月に豊洲文化シビックセンターホールにて上演されるミュージカル落語「宮沢賢治」も、究斗のオリジナルストーリーに宮沢賢治の生涯、作品世界を詰め込んだ笑いあり、涙ありのエデュテイメントな1本で上演が待ち望まれます。

三遊亭究斗の日程

すべての日程

三遊亭究斗 祝☆赤坂で五周年! ミュージカル落語まつり!5

三遊亭究斗のチケットを都道府県で探す

三遊亭究斗は2003年東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」のテナルディエ役を経験したことがきっかけで、ミュージカルと落語を融合させた「ミュージカル落語」を創案します。悪役テナルディエのキャラクターを理解するために、彼の人生を歌と落語で表現し生まれたのがミュージカル落語処女作となる「テナルディエ」です。 劇団四季で培った役柄を作り上げる方法論、そして春風亭小朝のもとで学んだ落語の基礎と古典落語の魅力、三遊亭円丈のもとで得た新作落語の豊かな発想、それらを組み合わせながら生み出されたミュージカル落語は、これまでにないまったく新しいエンターテインメントとして大きな話題を呼びました。まさにミュージカル俳優という異色の経歴を持つ究斗だからこそ開拓できた新境地です。 また、2010年からは教育と娯楽を合わせたエデュテイメントをテーマに、笑いあり涙ありの新作落語を発表し続ける一方、イジメ撲滅運動にも精力的で、2014年にはNHKで特集を組まれるなど、今後ますます多方面での活躍が期待されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口