浅利陽介のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,635枚、本日の新着チケット数4,299

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

浅利陽介のチケット一覧

俳優として多数の映画・ドラマ・舞台に出演する浅利洋介は、チェーホフの処女作でありかがら生前上演されることのなかった作品を翻訳劇として上演する舞台「プラトーノフ」に出演します。プラトーノフには主演の藤原竜也のほか、高岡早紀、比嘉愛未、前田亜季、中別府葵なども出演します。 プラトーノフは、2019年2月1日(金) から行われる東京芸術劇場プレイハウス(東京都)での公演を皮切りに、2月20日(水)から富山県民会館ホール(富山県)、3月2日(土)から久留米シティプラザ ザ・グランドホール(福岡県)、3月9日(土)から静岡市民文化会館中ホール(静岡県)、3月15日(金)からJMSアステールプラザ大ホール(広島県)、3月20日(水)から梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(大阪府)でそれぞれ上演されます。 浅利洋介は、4歳から子役として活動し、数々のドラマに出演。成長して俳優となってからは。「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」シリーズなど数多くの作品に出演しています。

浅利洋介(あさりようすけ)は、東京都出身の俳優で、4歳の頃CM出演によりデビューを果たします。1999年には連続テレビ小説「あすか」に、2000年にはTVドラマ「永遠の仔」に出演し、メインキャストの少年時代を演じます。2001年には昼ドラマ「キッズ・ウォー3」に不良少年の一平役で注目を集めると、2004年にNHK大河ドラマ「新選組!」、2005年にTVドラマ「タイガー&ドラゴン」、2008年にTVドラマ「ROOKIES」と話題作に続々出演。同年には子役から俳優へとどう変化していくか悩んでいた浅利を大きく成長させた「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」シリーズに出演します。そして、2010年には映画「手のひらの幸せ」、2011年にはTVドラマ「ひとりじゃない」でそれぞれ初主演を果たしています。 コメディからシリアスまで幅広い演技をこなす浅利は、映像作品のみでなく、舞台にも数多く出演。2019年には藤原竜也主演のチェーホフの翻訳劇「プラトーノフ」への出演が決まっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口