19/7/23(火) 14:00 紀伊國屋ホールの公演 舞台 奇子 あやこのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 奇子 あやこ PARCOプロデュース2019 奇子
19/07/23(火) 14:00 紀伊國屋ホール

会場情報

舞台「奇子」(あやこ)は、手塚治虫生誕90周年記念事業の一環としてパルコが初舞台かを手がける作品です。戦後復興を遂げ高度経済成長期の日本社会が大きな曲がり角に差し掛かった1970年代前半に描かれた「奇子」は“生と性”というセーショナルな内容を題材にしています。敗戦直後の東北の農村地帯を舞台に、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと当時の暗い世相を柱で、一族の体面のために地下室に幽閉されたまま育ち、純粋培養として生きた奇子は、やがて性に対して奔放な美しい成人女性として世に放たれていくことになるというストーリーです。中屋敷法仁の脚本・演出で、主演は、A.B.C-Zの五関晃一、その他、三津谷亮、味方良介、駒井蓮、深谷由梨香、松本妃代、相原雪月花、中村まこと、梶原善が出演します。2019年7月14日(日)・15日(月・祝)茨城・水戸芸術館 ACM劇場にてプレビュー公演が行われ、7月19日(金)~28日(日)東京・紀伊國屋ホール、8月3日(土)・4日(日) 大阪府・サンケイホールブリーゼにて上演されます。

舞台 奇子 あやこの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/8/4()
  • 14:00
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
2階 2I列 1~25番
2枚連番(バラ売不可)300円/枚
  • 2019/8/4()
  • 14:00
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
1階F列20番台
1枚のみ6,500円/枚
  • 2019/8/4()
  • 14:00
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
1階 H〜K列 サイドブロック 千穐楽公演
1枚のみ8,000円/枚
  • 2019/8/4()
  • 14:00
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
1階 H〜K列 サイドブロック 千穐楽公演
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/8/4()
  • 14:00
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
千秋楽 座席未定
1枚のみ14,980円/枚
  • 2019/8/4()
  • 14:00
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
千秋楽公演 座席不明 ファンクラブ先行
2枚連番(バラ売可)15,000円/枚
  • 2019/8/3()
  • 18:30
サンケイホールブリーゼ

大阪府

PARCOプロデュース2019 奇子
B~C列 センターブロック
1枚のみ28,000円/枚
  • 2019/7/28()
  • 13:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
H~K列
残り1枚30,000円/枚
  • 2019/7/25()
  • 19:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
用事ができて行けなくなったので、定価で出品します。 K or L列 1~5番のいづれか。舞台に向かって、左ブロック。
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/7/25()
  • 19:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
T列6~15番
1枚のみ13,000円/枚
  • 2019/7/23()
  • 14:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
K列20番 舞台に向かって右端の席になります
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/7/22()
  • 14:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
G列11番
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/7/20()
  • 18:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
G列の2席連番
2枚連番(バラ売不可)10,000円/枚
  • 2019/7/20()
  • 18:00
紀伊國屋ホール

東京都

PARCOプロデュース2019 奇子
1階T列1〜20番
1枚のみ15,000円/枚

舞台「奇子」(あやこ)は、手塚治虫生誕90周年記念事業の一環としてパルコが手がける舞台作品です。手塚による“生命賛歌”が 2019年初夏、初の舞台化です。漫画の神様・手塚治虫は、一般的にヒューマニズム溢れる作品を描いたイメージで知られますが、一方で、策謀や背徳といった人間の心の闇、社会犯罪、過激な表現など“黒い”作品も多く世に出しています。「奇子」は手塚作品群の中でもとりわけ特異な位置付けをなす、セーショナルな題材を描いた作品で、戦後復興を遂げ高度経済成長期の日本社会が大きな曲がり角に差し掛かった1970年代前半に描かれました。敗戦直後の東北の農村地帯を舞台に、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと当時の暗い世相を柱に描かれた、生と性の物語です。一族の恐ろしい欲望の果てにこの世に生まれた奇子は、一族の体面のために土蔵の地下室に幽閉されたまま育ちます。外界から隔絶され純粋培養として生きた奇子は、やがて、性に対して奔放な美しい成人女性として世に放たれていくことになるのです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口