B.LEAGUEのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数181,855枚、本日の新着チケット数4,788

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

B.LEAGUEのチケット一覧

日本のプロバスケットリーグB.LEAGUEでは、リーグ内で年間チャンピオンを決定するチャンピオンシップを行っており、5月19日(土)、20日(日)にセミファイナルでシーホース三河とアルバルク東京、千葉ジェッツと琉球ゴールデンキングスの試合がそれぞれ行われます。そして5月26日(土)に、セミファイナルで勝利したチーム同士が戦うファイナルが、横浜アリーナで開催されます。 B.LEAGUE、正式名称ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグのPR活動は、現在B.LEAGUEの「リンク栃木ブレックス」に所属し、日本人初のNBAプレーヤーでもある田臥勇太選手が中心となって行われ、開幕戦は地上波で放送されるなど、話題となりました。 日本バスケットボール界には、かつて2つのプロリーグが存在していました。そのような状態の中、国際バスケット連盟からトップリーグを統一するようにと話があり、誕生したのが「B.LEAGUE」です。「B」には、バスケットボールの頭文字のほか、be動詞「Boys, be ambitious」のように、無限の可能性を感じさせるという意味が込められています。現在B.LEAGUEはプロリーグであるB1リーグ、B2リーグのほか、アマチュアのB3リーグで構成されています。 B.LEAGUEはバスケットボール界の発展のため、世界に通用する選手やチームの輩出・エンターテイメント性の追求・夢のアリーナの実現を3つの使命としており、チェアマンには、公益財団法人日本バスケットボール協会の専務理事を務める大河正明が就任しています。 B.LEAGUEは2015年に創設の後、2016年9月22日に行われた開幕戦では、スリーポイントシュートが決まったタイミングなど、試合の展開によって床に設置されたLEDの演出がみられるLEDコートが使用されたことでも話題を集めました。また、チェアマンである大河正明は2020年までに1億円プレーヤーを生み出すとの構想を持っていたり、トップパートナーとしてソフトバンク、パートナーとしてソニー・カシオ・富士通が就任していたりと、その動向から目が離せません。

B.LEAGUEの日程

すべての日程

B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOHOKU
B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI
B.LEAGUE EARLY CUP 2018 KANTO
B.LEAGUE EARLY CUP 2018 HOKUSHINETSU
B.LEAGUE EARLY CUP 2018 KANSAI
B.LEAGUE EARLY CUP 2018 NISHINIHON
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

B.LEAGUEのチケットを都道府県で探す

B.LEAGUEは2016年に開幕した日本のプロバスケットボールリーグです。元々日本では実業団チームを母体としたJBLとそこから独立したチームで構成されたbjリーグの2リーグが存在していましたが、国際バスケットボール連盟の「1国1リーグが望ましい」という見解を受け、日本サッカー協会最高顧問の川渕三郎らを招聘する形で両リーグを統合したB.LEAGUEが新たに設立されました。 リーグはプロのみで構成されたB1とB2というカテゴリの下にプロとアマが混在したB3があり、参加チームはB1とB2がそれぞれ18チーム、B3が9チームとなっています。 B1とB2はいずれも6チームを3地区に分けてレギュラーシーズンのリーグ戦を戦い、カテゴリ間の昇降格が行われます。B1の優勝チームは各地区の上位2クラブと各地区の3位以下のチームのうちの上位2チーム(ワイルドカード)によるトーナメント戦のチャンピオンシップによって決まります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口