19/3/10(日) 13:00 下関球場(オーヴィジョンスタジアム下関・オーヴィジョンスタジアム下関第二球場)の開催 横浜ベイスターズのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数161,339枚、本日の新着チケット数576

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

横浜ベイスターズ 横浜DeNAベイスターズVS広島東洋カープ 2019
19/03/10(日) オープン戦 下関球場(オーヴィジョンスタジアム下関・オーヴィジョンスタジアム下関第二球場)

会場情報

横浜ベイスターズ(横浜DeNAベイスターズ)は横浜ベイスターズがDeNAへ譲渡されることで2012年からスタートした日本のプロ野球球団で、セントラル・リーグ(通称セ・リーグ)に所属しています。 神奈川県を保護地域とし横浜スタジアムを本拠地としして構え、「B SPIRIT友の会」というファンクラブも設立されています。ファンは通称Deファン、ベイファンと呼ばれており、中でも女性ファンはベイガール、ハマっ娘と呼ばれ球場を華やげています。 試合を彩る球団歌は「熱き星たちよ」、応援歌は「勇者の遺伝子」があり、7回の攻撃時の「ラッキーセブン」の際、攻撃前に応援歌「熱き星たちよ」を歌いジェット風船「スタージェット」を飛ばす応援は球場を一体化させ盛り上がります。見事試合に勝利した時には「熱き星たちよ」の他に「勇者の遺伝子」歌いながらスタージェットを飛ばし、球場が青一色になります。 ファンショップである「+B(プラスビー)」外観だけでなく売っている商品もお洒落で新しい応援スタイルを提案しています。 マスコットキャラクターは横浜ベイスターズ時代のホッシーくんから一新されDB.スターマンというハムスターがモチーフのかわいいキャラクターになり、女性マスコットのDB.キララちゃんと共に子供や女性に大人気で、球団を大きく盛り上げてくれています。 また横浜DeNAベイスターズは地域貢献活動にも力を入れていて、幼稚園などにふれあい訪問をしたりファミリーイベントを行うことで地元の神奈川県に寄り添った活動をしています。 DeNAベイスターズカップという大会も開催し、多くの世代で野球が盛り上がれるよう尽力しています。そういった活動もあり、横浜DeNAベイスターズは地元に愛された球団です。 2016年からラミレス監督が就任。チーム初のクライマックスシリーズ進出を決めました。2017年も続いてクライマックスシリーズへ。この年は16年ぶりの勝ち越しシーズンとなり、クライマックスシリーズでリーグ優勝の広島東洋カープに勝ち、日本シリーズに進出しました。惜しくも日本一は逃しましたが、2018年は新外国人ネフタリ・ソト や、阪神からFAで移籍する前田大和などの補強をしましたが、4位Bクラスに。ラミレス監督就任以降、初のBクラスになりました。2019年は在籍している投手、野手や若手選手の成長が上位を狙うための鍵となりそうです。

横浜ベイスターズの日程

すべての日程

横浜DeNAベイスターズVS広島東洋カープ 2019
横浜DeNAベイスターズVS福岡ソフトバンクホークス 2019
横浜DeNAベイスターズVS千葉ロッテマリーンズ 2019
横浜DeNAベイスターズVS阪神タイガース 2019
横浜DeNAベイスターズVS北海道日本ハムファイターズ 2019
横浜DeNAベイスターズVS中日ドラゴンズ 2019
横浜DeNAベイスターズVS読売ジャイアンツ 2019
横浜DeNAベイスターズVS東京ヤクルトスワローズ 2019
横浜DeNAベイスターズVS埼玉西武ライオンズ 2019
横浜DeNAベイスターズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2019
中日ドラゴンズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
北海道日本ハムファイターズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
広島東洋カープVS横浜DeNAベイスターズ 2019
東北楽天ゴールデンイーグルスVS横浜DeNAベイスターズ 2019
埼玉西武ライオンズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
東京ヤクルトスワローズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
阪神タイガースVS横浜DeNAベイスターズ 2019
読売ジャイアンツVS横浜DeNAベイスターズ 2019
オリックス・バファローズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
千葉ロッテマリーンズVS横浜DeNAベイスターズ 2019
福岡ソフトバンクホークスVS横浜DeNAベイスターズ 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全88件 1-88件目






横浜DeNAベイスターズの歴史は、水産加工食品で知られるマルハニチロの前身「林兼商店」の野球部が1929年に創立されたことに始まります。1949年に下関を本拠地として株式会社まるは球団を設立。セリーグに加盟し、翌1950年に大洋ホエールズに改称しています。その後、本拠地を大阪、川崎と移し、横浜スタジアムには1978年に移転。1993年には横浜ベイスターズに改称し、市民球団として長く親しまれています。Bクラスでシーズンを終えることも多く、球団創設以降リーグ優勝は1960年と1998年の2回のみですが、いずれも日本一に輝いています。2016年には、ヤクルトなどで活躍したアレックス・ラミレスが監督に就任。2017年にはクライマックスシリーズを勝ち上がりましたが、日本シリーズではソフトバンクに敗れ惜しくも日本一を逃しました。過去に在籍した有名選手として、「ハマの大魔神」と呼ばれ、のちにシアトルマリナーズでも活躍した佐々木主浩、大洋時代から引退までの23年間横浜一筋を貫いた「ハマの番長」こと三浦大輔などがいます。 近年はイベントやファンサービスにも注力。試合中はオフィシャルパフォーマンスチーム「diana」によるショーをはじめ、バズーカで客席にプレゼントを飛ばしたり、フライキャッチに挑戦できる企画など、イニング間も観客を飽きさせないイベントを開催しています。またスタジアム外の公園エリアで開催するビアガーデンやオリジナルビールの企画開発など、野球ファン以外も楽しめるよう趣向を凝らしたサービスで地域振興にも一役買っています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口