堺ブレイザーズのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

堺ブレイザーズのチケット一覧

堺ブレイザーズは、1939年に日本製鐵八幡製鐵所が現在の福岡県北九州市に結成したのが始まりです。1950年には、全日本実業団選手権で優勝してから1962年まで5回優勝しています。1969年に大阪府堺市に拠点を移し、会社の合併に伴って「新日鐵バレー部」となります。2000年に、新日鉄完全出資の子会社「ブレイザーズスポーツクラブ」を設立し、堺市に密着したプロクラブチームとなりました。その際に「堺ブレイザーズ」に名称変更しています。2005-06シーズン、2010-11シーズン、2012-13プレミアリーグで優勝を果たしました。 今後の試合予定として、2018年10月27日ジェイテクトSTINGSvs堺ブレイザーズ、2018年10月28日豊田合成トレフェルサvs堺ブレイザーズ、2018年11月03日堺ブレイザーズvsFC東京、2018年11月10日パナソニックパンサーズvs堺ブレイザーズ、2018年11月11日堺ブレイザーズvs大分三好ヴァイセアドラーの試合を予定しています。

堺ブレイザーズは、実業団の頃から強豪チームとして知られています。2018年の全日本男子登録メンバーには、出耒田敬、千々木駿介、高野直哉の3名がこのチームに所属しています。また、日本代表選手だけでなく、東レアローズから優勝の原動力となったマケドニア共和国出身のジョルジェフニコラが2018-2019シーズンから加入して更に攻撃力に厚みが増しました。堺ブレイザーズのプレースタイルは、男子バレーボールの持つ圧倒的なパワーやスピードを体現できることです。選手層が厚いので、控えの選手も魅力あるプレーを行うことができるチームです。 何よりも堺ブレイザーズは、地域密着型総合スポーツクラブとしてVリーグの中でも屈指の観客動員数を誇ります。堺ブレイザーズのサポーターの応援はとても有名で、試合会場全体を包み込みチームや選手を盛り上げています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口