19/5/11(土) 18:00 オリックス劇場の公演 BOZ SCAGGSのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数157,933枚、本日の新着チケット数1,203

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス) ボズ・スキャッグス 来日公演
19/05/11(土) 18:00 オリックス劇場

会場情報

BOZ SCAGGS (ボズスキャッグス)は、アメリカ生まれのシンガーソングライターで、ボビーの愛称で親しまれています。彼の音楽はAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ばれますが、これは日本独特の呼び方で、アメリカではAC(アダルト・コンテンポラリー)という呼び名でジャンル分けされています。 ソロとしてヨーロッパツアーの時、大手レコード会社の目に留まり、1965年「ボズ」でデビューしました。帰国後はあまりセールスに恵まれませんでしたが、1976年の「シルク・ディグリーズ」のスマッシュヒットでスターダムにのし上がり、その後も順調にヒット作が続きました。 1980年代には一時音楽シーンから離れていましたが、1988年から活動を再開し、シングルやアルバムをリリース。ジャズ・スタンダードが収録されたアルバム「スピーク」では、ビルボード・ジャズチャートで1位を獲得しています。 日本では何と言ってもトヨタ、クレスタのCMソングに採用された「トワイライトハイウェイ」で人々の心をつかみ、それ以来根強い人気を持続。毎年のように来日、コンサート活動を行っています。 2019年には、グラミー賞にノミネートされた最新アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルース」を引っさげた来日公演を開催。ボズ・スキャッグスのほか、ドラムにテディ・キャンベル、ベースにウィリー・ウィークス、キーボードにマイケル・ローガン、サックスとキーボードにエリック・クリスタル、ギターにマイク・ミラー、パーカッションにグレッグ・ウィエクゾレックが来日を予定しています。 公演は2019年5月5日(日・祝)に仙台サンプラザホール(宮城県)、5月7日(火)・8日(水)・9日(木)にBunkamuraオーチャードホール(東京都)、5月11日(土)にオリックス劇場(大阪府)、5月13日(月)に広島JMSアステールプラザ大ホール(広島県)、5月14日(火)に名古屋市公会堂(愛知県)でそれぞれ行われます。 70歳を過ぎても衰えることのない精力的な活動を続けるBOZ SCAGGS(ボズスキャッグス)の公演は見逃せません。

BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス)の日程

すべての日程

ボズ・スキャッグス 来日公演
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全6件 1-6件目

BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス)のチケットを都道府県で探す

アダルトコンテンポラリーを代表するシンガーであるBOZ SCAGGS (ボズスキャッグス)には、メロウな曲が多いというイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。「トワイライト・ハイウェイ(邦題)」や「ウィ・アー・オール・アローン」などCMで採用され、日本でのボズの印象を決定づけた曲は、しっとりと歌い上げるナンバーが多かったためそういった印象を持つ方が多くいるのでしょう。 しかし、ボズの魅力はバラードだけにあるわけではありません。ノリのよいシャッフルビートのナンバー、ハードなロックスタイルのナンバーなど、彼の音楽センスは実に多様なのです。それが顕著に表われているのが、ボズのライブステージです。 都会の陰影を映し出すかのようなメロウなナンバーがあるかと思えば、鼓動に響くビートに乗せて彼のボイスが迫ってくるナンバーもあります。ですから、彼の音楽の支持者はアダルトに留まらず、幅広い年齢層に広がっているのです。彼の魅力を未だ実感したことのない人は、ぜひライブを体験してみてください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口