BRAHMANのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

BRAHMAN(ブラフマン)のライブ・コンサートチケット一覧

BRAHMAN(ブラフマン)は、1995年から活動しているロックバンドです。東京都で結成され、1996年に初のCD作品としてミニアルバム「Grope Our Way」をリリース。翌1997年にはミニアルバム「Wait And Wait」をリリースしてレコ発イベントがソールドアウトするなど、早くもインディーズバンド界で注目を集めます。1999年にはシングル「deep/arrival time」をトイズファクトリーからリリースしてメジャーデビューを果たし、デビュー作からいきなりオリコンチャート6位という大ヒットを記録しました。現在までトイズファクトリー内のレーベル「NOFRAMES」に所属し、事務所はタクティクスレコードに所属しています。デビュー後も破竹の勢いで知名度と人気を高めていき、2ndアルバム「A FORLORN HOPE」はオリコン初登場2位を記録。AIR JAMやFUJI ROCK FESTIVALといった大型イベントへの出演、50公演以上に及ぶツアーの敢行、イタリアや台湾での海外公演の開催などを経験し、ライブバンドとして一気に評価を上げていきます。その後のリリース作もオリコンチャート上位を記録し続け、邦楽ロック界でも特に人気のバンドのひとつになりました。2015年には結成20周年を記録してドキュメンタリー映画「ブラフマン」を公開し、同年に初のベストアルバム「尽未来際」をリリース。幕張メッセで開催された20周年イベントでは、4万5000人を動員しました。現在では、長年邦楽ロックシーンを支えてきたベテランバンドとして不動の人気を誇っています。Vo.のTOSHI-LOWが観客の前面に乗り上がるかたちで激情を叫ぶ熱いライブスタイルが最大の特徴で、エモーショナルなライブバンドとして知られています。かつてはMCなしでノンストップに演奏していくのが特徴でしたが、東日本大震災以降はMCで直接的に主張やメッセージを呼びかけるようになったという変化があります。現在まで活動の勢いは止まらず、日本各地で様々なイベントに出演予定です。

BRAHMAN(ブラフマン)の日程

すべての日程

Live Bar FANDANGO presents 解放宣言 vol.38 十三最終章
『信州・チノの乱 2019』BRAHMAN vs Ken Yokoyama vs The Birthday
『信州・チノの乱 2019』BRAHMAN vs Ken Yokoyama vs The Birthday
2日通し券 DEAD POP FESTiVAL 2019
1日券 DEAD POP FESTiVAL 2019 -6/23
1日券 KESEN ROCK FESTIVAL’19 10th anniversary higher -7/13
2日通し券 NUMBER SHOT 2019
1日券 NUMBER SHOT 2019 -7/20
『越後・ロッツの乱 2019』The Birthday vs BRAHMAN vs Ken Yokoyama
1日券 WILD BUNCH FEST. 2019 -8/24
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全118件 1-100件目

BRAHMAN(ブラフマン)のチケットを都道府県で探す


BRAHMAN(ブラフマン)のライブは、意外とハードコアパンクを主流とした音楽を作り続けているのですが、激しいロックのライブのお約束の様なガツガツとした一面だけではなく、彼等の曲はただの激しいだけのロックとは違って、メロディアスな曲調に強くも彼等が発する熱で伝わってくるメッセージ性にのせて、それに共鳴した観客がどんどんその熱をライブに昇華し、広げて行きながら彼等もその熱と共に感じて欲しい迸る思いが彼等の作り出す独特の世界観を作り出し、「彼等のライブ」にしていく所もライブの魅力の1つであります。それだけでは無く、長きに渡って音楽活動を続けてきた彼等のライブは少しずつ変化して来ていて、近年では徐々に感じる事が多くなっていった事でライブにも変化が起きています。現在は「何をオーディエンスに伝えるか、伝わるか。」がテーマのライブに変化しています。熱狂的なファンはその変化も受け入れながら、彼等の根底にある「迸る熱」を感じて、ライブを待っています。ヴォーカルのTOSHI-LOWのMCも楽しい時もあれば、考えさせられるメッセージを発信しています。そしてまた彼等はこれからもその「迸る熱」を胸にライブを続けて行きます。そして彼等のライブに欠かせない言葉が、「BRAHMAN(ブラフマン)はじめます。」の言葉。その言葉に彼等のライブへの「迸る熱」が今も込められています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口