チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

オリックス・バファローズ VS埼玉西武ライオンズ 2020
20/09/30(水) vs 西 京セラドーム大阪

会場情報
Title resale service buffaloes

20/9/30(水) 18:00 オリックス・バファローズ 京セラドーム大阪のチケットの一覧です。その他にも5都道府県33公演のアーティストのチケットを取り扱っています。

オリックス・バファローズの日程

すべての日程

オリックス・バファローズVS北海道日本ハムファイターズ 2020
オリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2020
オリックス・バファローズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
オリックス・バファローズVS福岡ソフトバンクホークス 2020
オリックス・バファローズVS千葉ロッテマリーンズ 2020
千葉ロッテマリーンズVSオリックス・バファローズ 2020
北海道日本ハムファイターズVSオリックス・バファローズ 2020
埼玉西武ライオンズVSオリックス・バファローズ 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVSオリックス・バファローズ 2020
席種
バファローズ-京セラドーム
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決newオリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2020

    • 京セラドーム大阪(大阪府)
    • 1階内野指定席 3塁側【ベンチ真上・最前列】3塁側 ライブ指定席 L列〜N列 63番から104番内の1枚 火曜日以外観戦に行けなくなりましたので、出品させて頂きます。 連絡掲示板にて、QRコードチケット画像を送信させて頂きます。 ご入場完了後で結構ですので、受け取り入力をお願いいたします。

      • 男性名義
      • 電チケ
      • 主催者
      • 7%off
      • 6,500円/枚
      • 7,000円/枚
    • 1枚のみ
    • 7
    • 即決newオリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2020

    • 京セラドーム大阪(大阪府)
    • 1階内野指定席 1塁側一塁側S指定1列目130-150の間です。 ご入金いただきましたらQRコードをお送りします。 日中はレスポンス遅いです。

      • 電チケ
      • ファンクラブ
      • 11%off
      • 5,000円/枚
      • 5,600円/枚
    • 1枚のみ
    • 22
    • 1
    • 即決オリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2020

    • 京セラドーム大阪(大阪府)
    • 1階内野指定席 3塁側下段 三塁側 ダイナミック指定席とあります D列 180番台 左右はコロナ対策で 1席空いております お値下げいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

      • 電チケ
      • 主催者
      • 23%off
      • 4,000円/枚
      • 5,200円/枚
    • 1枚のみ
    • 36
    • 1
    • 即決newオリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2020

    • 京セラドーム大阪(大阪府)
    • 1階内野指定席 3塁側ライブ指定、L列100番台(100~109)。 規制により、間に2席空いています。

      • 名義なし
      • ファンクラブ
      • 14%off
      • 3,000円/枚
      • 3,500円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 3
    • 即決オリックス・バファローズVS埼玉西武ライオンズ 2020

    • 京セラドーム大阪(大阪府)
    • 1階内野指定席 3塁側下段 1塁側 K列 305番  下段 1塁側 K列 309番  合計金額:8,400円

      • 電チケ
      • プレイガイド
      • 29%off
      • 3,000円/枚
      • 4,200円/枚
    • 2枚連番(バラ売不可)
    • 31
    • 1
全6件 1-6件目

オリックス・バファローズのチケットを都道府県で探す








オリックス・バファローズはパ・リーグに所属するプロ野球球団です。2004年のシーズン終了後、神戸を本拠地とするオリックス・ブルーウェーブが、大阪を本拠地とする大阪近鉄バッファローズを吸収合併した事により誕生しました。合併後は大阪市の京セラドームを本拠地としています。運営母体はオリックスのままであるため、チームの歴史は1936年に設立された大阪阪急野球協会が起源となります。企業名を球団名に取り入れた日本初の球団でした。そこから阪急ベアーズ、阪急ブレーブス、オリックス・ブレーブス、オリックス・ブルーウェーブを経て現在に至ります。合併後初のシーズンでは、仰木茂監督が1994年就任以来の再任で迎えられました。合併した大阪近鉄バッファローズの監督経験も持ち、ファンからは大歓迎の就任です。1994年の在任中には、イチローを見出した監督としても知られています。2005年のチーム成績はリーグ4位。3年連続最下位に苦しんでいたチームを大躍進に導き、素晴らしい功績を残したのです。しかし体調不良によりシーズン終了後退任。仰木茂が監督を務めた最後のチームがオリックス・バッファローズです。以降、大石大二郎、岡田彰布をはじめとする9名の監督が就任。2019年からは一軍ヘッドコーチであった西村徳文が監督に就任しています。吉田正尚、ステフェン・ロメロ両選手を中心とした強力打線と宗佑磨選手の俊足を活かした戦術作りがチームの魅力です。2017年ドラフト1位指名ながらケガに泣かされた田嶋大樹選手の復活にも期待が集まる一方で、金子千尋、西勇輝、中島宏之と、実績のある選手達の移籍というファンにとっては悲しいニュースもありました。しかし、成長が楽しみな若手選手の層の厚さもチームの魅力です。ベテラン勢の穴を埋め、未来を担う若手の成長に今、ファンの注目が集まっています。オリックス・バファローズのマスコットキャラクターは、バッファローブルとバッファローベル。勇敢な雄牛を表した力強い「BULL」と勝利の鐘を鳴らす女神「BELL」の2人が、チームの勝利を盛り上げてくれます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート