B’zのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

B’z(ビーズ)のライブ・コンサートチケット一覧

日本を代表するモンスター・ロック・ユニット、B'z(ビーズ)。2018年は30周年アニバーサリーイヤー。4月には有楽町にて、30年の軌跡を辿る初の大型エキシビションがオープン。映会チケットは即日完売、その後映画館での限定ビューイングイベントへ広がりを見せるなど、多くの反響を得ています。ステージ衣裳や愛用の楽器、秘蔵映像やフォト、メンバー私物や直筆の譜面など、初公開アイテムの一挙公開に加え、“B’z人生ゲーム”などの限定グッズも話題となりました。全国各地の大型会場では、このシリーズでは5年ぶりとなるファン待望のツアー“B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-”が開催。他に類を見ないド派手な演出と、生々しく情熱的な彼らのライブは、見る者を魅了します。ツアー終了後に開催となる“B'z PARTY Presents B’z Pleasure in Hawaii”は、日本国内でのライブ・ビューイングのチケットも入手困難、シアターが後日追加となるなど、注目度の高さが表れています。9月21日には30周年記念の超豪華本「B'z ザ・クロニクル」が発売。撮りおろしフォト、ロングインタビュー、レビューやこれまでの軌跡など“未到のロックを求めて 走り続けた30年のキセキ”が詰め込まれた、バイブル的な一冊です。ギターと作曲を主に担当する松本孝弘と、岡山県出身、ボーカルと作詞を担当する稲葉浩志のふたりは、1988年のデビュー以来数多くのヒット曲を生み出し、多くの海外アーティストとの共演、ギターメーカーとのコラボレーション、アジアのミュージシャンとして初めて”ハリウッド・ロックウォーク”に殿堂入りするなど、多くの伝説を残してきました。それぞれにソロでの活動も勢力的で、ロックファンをうならせるいくつもの作品を残しており、彼ら抜きで日本のハードロックは語れない存在です。31年目へ向けて、彼らの歩みはまだまだ止まることを知りません。31年目となる2019年は、全国ライブツアー「B’z LIVE-GYM 2019」が、6月8日の鹿児島アリーナ公演からスタートし、9月10日のマリンメッセ福岡公演まで、全国16カ所で36公演が開催されます。バンドサウンドを支えるサポートメンバーを一新。Dr.Brian Tichy、Gt.Yukihide “YT” Takiyama、Ba.Mohini Dey、Key.Sam Pomantiの4名を迎えて、新たなB’zサウンドが展開されます。

B’z(ビーズ)の日程

すべての日程

B'z LIVE-GYM 2019
3日通し券 SUMMER SONIC 2019 東京(サマソニ)
3日通し券 SUMMER SONIC 2019 大阪(サマソニ)
1日券 SUMMER SONIC 2019 -8/16 東京(サマソニ)
1日券 SUMMER SONIC 2019 -8/18 大阪(サマソニ)
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全614件 1-100件目

B’z(ビーズ)のチケットを都道府県で探す







B'z(ビーズ)は、1998年にデビューした日本を代表するロックバンドです。メンバーは2人、Vo.稲葉浩志(イナバコウシ・9月23日岡山県生まれ)は作詞を担当し、g.松本孝弘(マツモトタカヒロ・3月7日大阪府生まれ)は作曲、プロデュースを担当しています。1988年5月、松本が1st ALBUM「Thousand Wave」リリースした後、同年9月、B’zの1stアルバム「B'z」と、1stシングル「だからその手を離して」を同時リリースしました。1989年に「BAD COMMUNICATION」がヒットし注目を集めるようになり、1990年リリースの「太陽のKomachi Angel」で初めてチャート1位を記録しました。その後は、現在に至るまですべてのシングル曲がチャート1位を獲得しています。1991年にはCMタイアップによるシングル「LADY NAVIGATION」が100万枚を超えるセールスを記録し、大ブレイクしました。ヒット曲は「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」、「LOVE PHANTOM」、「BLOWIN’/TIME」など枚挙にいとまがありません。歴代シングル首位獲得数や、アーティストトータルセールス数などで歴代1位の記録を更新し続けています。ダイナミズムに溢れた松本のサウンドメイクと、他に類を見ない機知に富んだ稲葉の歌詞、観客を熱狂させるライブパフォーマンスで圧倒的な人気と存在感を持続させています。2007年、その功績が認められ、アメリカのHollywood’s RockWalkの殿堂入りという快挙を成し遂げました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口