ceroのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数164,163枚、本日の新着チケット数2,461

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

cero(セロ)のライブ・コンサートチケット一覧

Cero(セロ)は、2004年に結成した、日本・東京のポップバンドです。メンバーは、ボーカル・ギター・フルートの髙城晶平、キーボード・サンプラー・コーラスの荒内佑、ギター・コーラスの橋本翼の3人で、グループ名のceroは「Contemporary Exotica Rock Orchestra」の略称です。3人それぞれが作曲、アレンジ、プロデュースを手がけ、2018年11月末時点までにアルバム4枚、シングル3枚、DVD2枚リリースしています。彼らの音楽性に興味を持ったムーンライダーズの鈴木慶一は、自身がプロデュースを手がけ2008年にリリースされたコンピレーションアルバム「細野晴臣 STRANGE SONG BOOK-Tribute to Haruomi Hosono 2-」にcreoを参加させました。マネージメントオフィス・レコードレーベルの「カクバリズム」に属し、2011年1月にファーストアルバム「WORLD RECORD」をリリース。2012年10月にはセカンドアルバム「My Lost City」を、2015年5月には3枚目のアルバム「Obscure Ride」をリリースし、2017年4月には2度目の東京・日比谷野外大音楽堂ワンマンライブを成功させました。2018年5月、4枚目となる最新アルバム「POLY LIFE MULTI SOUL」をリリース後、発売記念ワンマンツアー、初のアジアツアーと数多くのライブを行ってきました。2018年の集大成の公演として、2018年12月1日(土)には東京・LIQUIDROOMでワンマンライブ「Oneman Live "AFTERMATH"」を開催します。また、カクバリズムが企画するライブイベント「カクバリズムの冬祭り2018」が、2018年12月2日(日)に東京・LIQUIDROOMで開催されます。毎年夏のライブイベントが恒例となっていますが、今回は冬編として初めて実施され、ceroの他、キセル、思い出野郎Aチーム、Hei Tanakaなどが出演します。

cero(セロ)の日程

すべての日程

cero Oneman Live 別天
1日券 FUJI & SUN '19 -5/11
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全3件 1-3件目

cero(セロ)のチケットを都道府県で探す

cero(セロ)は2004年に結成されたバンドです。バンド名ceroの由来は「Contemporary Exotica Rock Orchestra」となっており、小説「銀河鉄道の夜」の一節からきています。メンバーはボーカル、ギター、フルートを扱う高城晶平、キーボード、ベースの荒内佑、ギターとクラリネットの橋本翼、ドラムの柳智之で構成されています。2011年にドラムの柳が脱退して以降はサポートメンバーなどを用いています。これまでに「WORLD RECORD」、「My Lost City」の2枚のアルバムをリリースしており、2ndアルバムの「My Lost City」はオリコンチャートで最高位33位を獲得するなど高い注目を集めます。彼らの楽曲の多くはボーカルである高城晶平が手掛けています。ライブ活動も精力的に行っており、都内のクラブやライブハウスに留まらず、東名阪の会場でもライブ活動を行っています。ワンマンライブなども行っており、日々、活動の勢いを増しています。2013年にはアルバム「My Lost City」の発売記念ツアーを金沢、福岡、岡山、名古屋、大阪、仙台、札幌、東京の各地で行うなど全国各地のファンとの交流も行っています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口