千鳥のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数160,047枚、本日の新着チケット数842

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

千鳥(チドリ)のチケット一覧

テレビやCMに多数出演し、今最も勢いのある大人気のお笑いコンビ千鳥(チドリ)は、単独ライブ「千鳥の大漫才2018」を開催しています。2018年10月11日の東京公演を皮切りに、広島公演が11月8日(木)にJMSアステールプラザホールで、大阪公演が11月15日(木)に梅田芸術劇場メインホールで、福岡公演が11月29日(木)に博多座でそれぞれ行われます。 毎年大好評を博している千鳥の大漫才では、彼らの実力を感じさせる新作漫才や例年シークレットゲストも登場するスペシャル企画など、お楽しみが目白押しです。今年の公演では、初めての試みとなるライブ・ビューイングが決定。大阪公演の模様を全国の映画館でリアルタイムに楽しむことができます。 千鳥は2000年の7月に結成された、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している日本のお笑い芸人です。メンバーは、1980年3月25日生まれ、岡山県出身でボケ・ネタ作り担当の大悟(本名、山本大悟)と、1979年12月30日生まれ、岡山県出身でツッコミ担当のノブ(本名、早川信行)の2人です。 2004年には「第25回 ABCお笑い芸人新人グランプリ」に出場し、最優秀新人賞を獲得、2005年には「第35回 NHK上方漫才コンテスト」に出場し、優秀賞を受賞、「第5回 M-1グランプリ」では決勝進出し、第6位を獲得しています。 2006年には、「第37回 NHK上方漫才コンテスト」に出場し、再び優秀賞を受賞し、2011年には「第46回 上方漫才大賞」で奨励賞を受賞し、「THE MANZAI 2011」では、決勝進出し第3位を獲得しています。2012年の「THE MANZAI 2012」では、決勝進出し、第2位を獲得するなど、その実力は折り紙付きです。 「岡山の漫才番長」をキャッチフレーズに、今では全国で顔を知られることとなった彼らの爆笑必至の単独ライブは必見です。

千鳥(チドリ)の日程

すべての日程

笑い飯・千鳥の大喜利ライブ
笑い飯・千鳥の大喜利ライブスペシャル
東京グランド花月
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全13件 1-13件目

千鳥(チドリ)のチケットを都道府県で探す




千鳥は、大悟とノブの出身地である岡山弁を多分に使用したインパクトの強いネタが特徴のお笑いコンビです。ボケである大悟の強烈なボケにノブがツッコミを入れる漫才スタイルで、ノブのツッコミ「クセがすごい」は、2016年にテレビ朝日系の「アメトーーク!」で流行語大賞に選ばれるなど、彼らの代名詞として浸透しています。 今やテレビで見ない日はないと言っても過言ではないほどバラエティ番組やCMなどに引っ張りだこの千鳥ですが、結成は2000年と20年近く前。結成当初から「THE MANZAI」や「M-1グランプリ」などで高い評価を受けるなど実力を認められていた彼らは、2014年頃から、自身の冠番組であるテレビ埼玉の「いろはに千鳥」や日テレ系の「笑神様は突然に…」の島シリーズなどをきっかけに、幅広い世代から「ロケ芸人」として周知されるようになります。 漫才の実力とロケの面白さという強みを新たに加えたことで、さらにその人気を高めた千鳥。新作漫才を披露する単独ライブ「千鳥の大漫才」は年々応募者が増えているという彼らから、目が離せません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口