コレクターズのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

コレクターズ(THE COLLECTORS)のライブ・コンサートチケット一覧

ブリティッシュロックを彷彿とさせる音楽を奏でる日本のロックバンドTHE COLLECTORS(コレクターズ)は、「THE COLLECTORS CLUB QUATTRO MONTHLY LIVE”LAZY SUNDAY AFTERNOON”」と題したライブを2018年1月から12月まで、毎月CLUB QUATTRO(東京都)で開催しています。また、2019年には2018年11月7日にリリースされるニューアルバム「YOUNG MAN ROCK」を引っさげ、「THE COLLECTORS TOUR 2019 “YOUNG MAN ROCK”」を開催します。公演は2019年1月20日(日)にcube garden(北海道) 、1月26日(土)にCLUB JUNK BOX(宮城県)、2月2日(土)にYEBISU YA PRO(岡山県)、2月3日(日)にDRUM LOGOS(福岡県)、2月9日(土)に新木場STUDIO COAST(東京都)、2月16日(土)にCLUB QUATTRO(愛知県)、2月17日(日)にBIGCAT(大阪府)でそれぞれ行われます。 THE COLLECTORSは、ブリティッシュビートに影響を受けた加藤ひさしと古市コータローが中心となって結成した日本のロックバンドです。1979年、加藤ひさしが高校時代の同級生と、バンド「THE BIKE(元エキセントリック・ジャム)」を結成。当時の楽曲はザ・コレクターズ結成後にも演奏しており、「がんばれG.I.Joe!」や「TOO MUCH ROMANTIC!」などは、前身バンド時代から存在する楽曲です。1985年にメンバーが増え、バンド名をTHE BIKESに改め活動するも、同年に解散。翌1986年に、THE BIKESで活動していたメンバーで、ザ・コレクターズを結成し、後に古市コータロー・小里誠・阿部耕作が加わり、現在まで活動しています。 ザ・コレクターズの楽曲はほぼ全て、ボーカルの加藤ひさしの作詞・作曲で、 近年のアルバムには、ギターの古市コータローがメインボーカルで歌う楽曲が収録されていることが多くあります。バンド名の名付け親は加藤で、テレンス・スタンプ主演の映画『コレクター』に由来しています。 THE COLLECTORSは、力強く、訴えかけてくるような、ボーカル加藤ひさしの歌声、重厚なサウンドを奏でる古市コータローのギター演奏、阿部耕作の激しいドラムスによる独特のグルーヴ感といった、メンバーの魅力に加え、印象的で頭から中々離れないメロディやリズム、その音楽に乗せて語られるメッセージ性の高い楽曲にも多くの人が魅力されています。

コレクターズ(THE COLLECTORS)の日程

すべての日程

THE COLLECTORS TOUR 2019 超えて行こうぜ!限界ライン YOUNG MAN ROCK season 2
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全3件 1-3件目

コレクターズ(THE COLLECTORS)のチケットを都道府県で探す

THE COLLECTORS(コレクターズ)は、ブリィティッシュ・ロックの影響を受けた二人の人物、加藤ひさしと古市コータローが中心となって結成した日本のロックバンドです。その魅力には、力強く、訴えかけてくるような、ボーカル加藤ひさしの歌声、重厚なサウンドを奏でるギター担当の古市コータローの演奏、激しいドラムスの阿部耕作の独特のグルーヴ感などがあります。このロックバンドは、1986年から現在も活動をしているベテランバンドで、数多くのライブを開催しています。THE COLLECTORSのライブの良さには、まず、CDやアルバムでは伝わらない生の熱気、演奏の情熱がひしひしと伝わってくることなどが挙げられます。実際にライブ会場で演奏を聴くと、録音音声では伝わらない音量、音圧などの音の美しい響きが肌で感じられて、感動で胸が震えます。次に、ライブパフォーマンスや、MCが上手く、観客を盛り上げる工夫が凝らされています。そして何より、THE COLLECTORSの楽曲は、印象的で、頭の中で繰り返し流れてしまうようなメロディ・リズムから構成されていて、熱いメッセージの込められた楽曲が多いので、それらを生の演奏で聴くことができるのが一番の魅力です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口