カップヌードルミュージアムのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,661枚、本日の新着チケット数4,229

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

カップヌードルミュージアムのチケット一覧

カップヌードルミュージアム 横浜は神奈川県横浜市中区みなとみらい地区にあるインスタントラーメンの博物館です。日清食品ホールディングス株式会社、ならびに公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団により共同運営されていて、正式名称は『安藤百福発明記念館 横浜』です。2011年9月17日に開館して以来、国内外から多くの人が見学に来ていて、2018年5月14日には来館者700万人を達成しています。 カップヌードルミュージアムでは、日清食品の創業者である安藤百福の軌跡やチキンラーメンの誕生秘話がCGアニメで上映されたり、同社がこれまで発売してきた商品のパッケージの展示がされたりしています。また、チキンラーメンの手作り体験が出来る『チキンラーメンファクトリー』や、自分だけのオリジナルカップヌードルが作ることが出来る『マイカップヌードルファクトリー』といった体験工房が大変人気です。ミュージアム限定のグッズが販売されているショップや世界中の麺料理が楽しめるフードアトラクションもミュージアムの魅力の一つです。

カップヌードルミュージアム 横浜は2011年9月17日に開館したインスタントラーメンの博物館です。インスタントラーメンの発明者・日清食品の創業者である安藤百福の生誕100周年とカップヌードルの発売40周年を記念して作られました。総合プロディースを人気クリエイティブディレクターの佐藤可士和が担当しています。館内は様々な展示や体験型ブースがあり、見学者を楽しませてくれます。 「チキンラーメンファクトリー」や「マイカップヌードルファクトリー」では、チキンラーメンの製造工程を実際に体験したり、カップヌードルのオリジナルのトッピングを楽しんだりすることが出来ます。「インスタントラーメン ヒストリーキューブ」では日清食品の世界中のパッケージが展示してあります。また、安藤百福の生涯をCGアニメで紹介する「百福シアター」や全長58mの大パノラマで展示する「安藤百福ヒストリー」で、安藤百福の軌跡を知ることが出来ます。小学生以下の子どもが楽しめる「カップヌードルパーク」では自分がカップヌードルの麺になって製麺から出荷までを体験できるアトラクションもあり、大人も子どもも楽しめる施設になっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口