チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートチケット一覧

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団は、同国の首都・プラハを拠点とするオーケストラです。オーストリア・ハンガリー帝国時代のプラハ国民歌劇場の附属オーケストラを前身とし、20世紀初頭から独立した活動をしています。その100年余りの歴史の中で、地元作曲家のドヴォルザークやスメタナなどの作品の録音や世界各地での演奏を数多く行い、チェコを代表する名門オーケストラとしての地位を築いてきました。 初来日公演は1959年10月、一つの公演で二人の指揮者(カレル・アンチェル、ラディスラフ・スロヴァーク)を立てるという、今では珍しいスタイルで行われました。この際にもスメタナの「モルダウ」など、チェコ出身作曲家の作品を中心にプログラムを組んでいます。 こうした世界的な、かつ特徴のある活動が評価され、2005年にはグラミー賞を受賞しました。日本では、2015年に10月から11月にかけて東京・愛知・神奈川で演奏会を行ったほか、NHK音楽祭2015にも出演。2017年10月にも来日しサントリーホールなどで公演を開催。指揮をペトル・アルトリヒテル、チェロをジャン=ギアン・ケラス、ピアノをアリス=紗良・オットが務め、ブラームスの交響曲第4番、ドヴォルザークの交響曲第8番などが演奏されました。 2年ぶりの来日となる2019年は、音楽監督・首席指揮者にセミヨン・ビシュコフ、ヴァイオリンを樫本大進を迎え、スメタナの連作交響詩「わが祖国」などの演目が予定されています。NHK音楽祭2019をはじめ、愛知、横浜、熊本など全国各地で公演を行います。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の日程

すべての日程

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 日本公演
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団&笠原純子
NHK音楽祭2019 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全6件 1-6件目

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のチケットを都道府県で探す

チェコを代表するオーケストラで、世界各国で聴衆を魅了するチェコ・フィルハーモニー管弦楽団は、首都プラハの「芸術家の家(ルドルフィヌム)」内にあるドヴォルザーク・ホールを本拠としています。1896年に楽団初の公演がこのルドルフィヌムで行われ、同国を代表する作曲家ドヴォルザークが指揮を務めました。1908年には、マーラーが作曲した「交響曲第7番 夜の歌」を自らの指揮により世界初演。1919年に主席指揮者に就任したヴァーツラフ・ターリヒの時代に世界的な評価を獲得し、続くラファエル・クーベリック、カレル・アンチェル、ヴァーツラフ・ノイマンといった名指揮者のもと、チェコを代表する作曲家であるスメタナやドヴォルザークの録音や世界ツアーを通じて、楽団の地位を築き上げました。 2012年に20年ぶりに首席指揮者に返り咲いたイルジー・ビエロフラーヴェクの時代には数々の名演が生まれ、かつての黄金時代の水準を回復。彼の没後、2017、18年シーズンからはサンクトペテルブルク出身のセミヨン・ビシュコフが音楽監督、首席指揮者に就任し、母国ロシアのチャイコフスキーの楽曲に取り組んでいます。さらに、チェコ・フィルのお家芸でもあるスメタナやドヴォルザークの演奏をどのように導くのか、その化学反応も今後の来日公演の楽しみと言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口