打打打団 天鼓のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数160,063枚、本日の新着チケット数870

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

打打打団 天鼓のチケット一覧

打打打団 天鼓は1987年舞台芸術家、伊瑳谷門取によって創設された和太鼓グループです。「オモロ迫力」をテーマに和楽器の古典的手法のみにとらわれず、洋楽、演劇、笑い等様々な要素をとりいれた和太鼓の常識を超えたスピード感あふれるステージが魅力となっています。拠点大阪を中心に関西での公演を数多くこなし日本の和太鼓の魅力を伝えるべく、日本国内のみならずヨーロッパ中心に海外での公演も多数開催されてきています。2016年に演劇と和太鼓を融合させた舞台 Drama Drummer「たいこ日本昔ばなし」を発表、2017年には演劇する和太鼓「ロミオとジュリエット」を発表し、また世界的トップダンサー熊谷和徳、元宝塚歌劇団北翔海莉など多くの異分野アーティストと共演し和楽器の新たな可能性を追求し続けています。2018年5月13日には、松原市文化会館、8月5日には兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールでの公演開催が決定されています。

打打打団 天鼓は大阪を拠点として活動する、1987年創設の和太鼓グループです。伝統芸能のスタイルにとらわれず様々なエンターテインメントの要素を取り入れた、「オモロ迫力」をテーマにしたステージが特徴です。活動は国内のみならず、海外にも広がり『伝統とモダニズムを融合させた稀有のチーム』と評されています。1992年にデビューコンサートを開催、その後ロック、ゴスペル、舞踊、シンセサイザー、オーケストラなどの他ジャンルとのコラボ、セッションをこなし異色の和太鼓集団として地位を確立します。2000年にはロックミュージシャンとの共演が世界で放送、2001年には世界的スポーツイベント第3回東アジア競技大会、 第46回世界卓球選手権で5万人を超える大観衆を魅了し、近年では演劇と和太鼓を融合させた舞台などを行っています。現在16人のメンバーからなり若いメンバーからベテランまで在籍し定期的な国内、国外、学校公演に加えレッスンなども行っています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口