泪橋ディンドンバンド3のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数156,282枚、本日の新着チケット数3,716

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

泪橋ディンドンバンド3のチケット一覧

舞台「泪橋(なみだばし)ディンドンバンド3 ~泥まみれの月~」は、2019年2月13日(水)~24日(日) まで、東京・銀座の博品館劇場で上演されます。2016年、2017年に続く、RP THEATERの第3弾です。作・演出は引き続き、プラチナ・ペーパーズの堤泰之が手がけます。出演は、和田雅成、安里勇哉(TOKYO流星群)、青木一馬(TOKYO流星群)、中太佑、ふじわらみほ、緑川良介、宮下貴浩、そして第1弾、第2弾で主役を演じた八神蓮が19日(火)から24(日)までの11公演に出演することが発表されました。人生に敗れ、貧しい町へと堕ちて行く者たちが、涙を流しながら渡ったという“泪橋”があるシャッター街を舞台に描かれる群像劇です。皆が疲れ、諦めていく中、土地で生きる決意をして立ち上がったチンドン屋の息子・岩松銀次郎と、彼の思いに惹かれて集まった仲間たちはチンドン屋“泪橋ディンドンバンド”を結成し立ち上がります。

舞台「泪橋ディンドンバンド」は、2016年8月にRP THEATERの第1弾「泪橋ディンドンバンド」が上演され、続いて2017年11月にRP THEATERの第2弾として「泪橋ディンドンバンド2~傷だらけの夕陽~」が上演され、シリーズ化している作品です。作・演出はプラチナ・ペーパーズの堤泰之が手がけました。第2弾の「傷だらけの夕陽」は前回のストーリーに続いて行く前の段階が描かれました。物語の舞台は、人生に敗れ、貧しい町へと堕ちて行く者たちが、涙を流しながら渡ったという“泪橋(なみだばし)”があるシャッター街。皆が疲れ、諦めていく中、その橋を逆に渡ろうとする男がいました。何年も前に廃業したチンドン屋の息子・岩松銀次郎です。彼の思いに惹かれて集まった人たちとともに結成されたのがチンドン屋“泪橋ディンドンバンド”。この土地で生きる決意をして立ち上がった銀次郎とその仲間たちを描く群像劇で、熱くて泣ける心温まる作品となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口