DEAD POP FESTIVALのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数170,742枚、本日の新着チケット数1,518

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

DEAD POP FESTIVALのチケット一覧

DEAD POP FESTiVALは、神奈川県湘南出身の4人組レゲエパンクバンドSiMが主催する、野外フェスティバルです。会場は川崎市東扇島東公園特設会場で、2018年6月30日(土)と7月1日(日)に開催されます。DEAD POP FESTiVALは「壁を壊す」を合言葉に、ライブパフォーマンスに定評のあるライブバンドが、ジャンル、シーン、年代など全ての壁を越えて集まるイベントです。2010年に渋谷club asiaで初めて開催され、その後恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIO COASTと毎年会場が大きくなっていきます。それに伴い、参加アーティスト・来場者共に増加していき、2015年には現在の川崎市東扇島公園で2日間開催の野外フェスティバルという形になりました。アーティスト主催のフェスとしては規模が大きく、2日間で2万人の動員を予定しています。音楽シーンを活性化しようというレゲエパンクバンド、SiMの積極的な姿勢にアーティストやファンが賛同したこのイベント。随所でSiMと他のアーティストとのコラボレーションを見ることもできます。

DEAD POP FESTIVALの日程

すべての日程

2日通し券 DEAD POP FESTIVAL
1日入場券 DEAD POP FESTIVAL -6/30
1日入場券 DEAD POP FESTIVAL -7/1
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全50件 1-50件目

DEAD POP FESTIVALのチケットを都道府県で探す

DEAD POP FESTiVALは、川崎市東扇島東公園特設会場で、6月下旬~7月上旬に2日間に渡って開催される野外イベントです。湘南出身のレゲエパンクバンドSiMが主催しており、「壁を壊す」をテーマに、ライブパフォーマンスの評価が高いアーティストが、シーン、年代、ジャンルなどを越えて参加します。渋谷club asiaで2010年に開催されたのを皮切りに、恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIO COASTと規模は拡大、2015年には現在の野外フェスティバルへと進化しました。来場者は2日間で2万人程度と、アーティスト主催としてはかなり大規模なイベントとなっています。主催であるSiMは疾走感のあるサウンドにシャウトやリフが多用された独特な雰囲気と、圧倒的なパフォーマンスで人気を集めています。そんなSiMの音楽シーンを盛り上げていきたいという想いに賛同したアーティストが集まる同イベントでは、プロモーターやFM主催のフェスではあまり見られないアーティスト同士の共演や、独特の空気感を感じることができます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口