チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

DRADITIONのチケット一覧

DRADITION(ドラディション)はシーホースコーポレーションが運営する日本のプロレス団体です。団体名のDRADITIONは、所属するレスラー「藤波辰爾」のニックネーム「DRAGON(ドラゴン)」と英語で伝統を意味する「TRADITION(トラディション)」を組み合わせた造語となっています。2008年に旗揚げされたDRADITIONは元々「無我ワールド・プロレスリング」として興行していました。新日本プロレスを退団したヒロ斉藤と西村修、そしてリングアナウンサーの田中秀和を中心とし、藤波辰爾のサポートで設立された無我ワールド・プロレスリングでしたが、西村修の退団をきっかけにDRADITIONと改称して興行を行うようになりました。旗揚げ戦は2008年3月20日、船橋アリーナで盛大に行われています。その後、後楽園ホールをはじめとする多くのホールで興行試合を行い、現在では多くのファンを持つ人気プロレス団体となっています。そんなDRADITIONの2019年の活動としては、4月21日に大阪南港ATCホールにて14時より「DRADITION 2019 NEVER ENDING DRAM TOUR in OSAKA」、4月26日に後楽園ホールにて19時より「NEVER ENDING DREAM TOUR in TOKYO」が予定されています。

DRADITIONの日程

すべての日程

DRADITION 2020 PHANTOMS of the RING TOUR IN TOKYO
DRADITION 2020 PHANTOMS of the RING TOUR IN OSAKA

DRADITIONのチケットを都道府県で探す

人気プロレス団体DRADITIONの魅力と言えばやはり、所属するレスラーの強力なラインナップでしょう。中心レスラーであり「ドラゴン」の異名を待つ藤波辰爾は絶大な人気があり、還暦を迎えた男の技とは思えない「ドラゴン殺法」の数々は多くのファンを熱狂させています。藤波辰爾の他にもヒロ斎藤や長井満也といった人気レスラーが所属していますが、それに加えてこれまでに行われた興行には長州力や初代タイガーマスク、スーパータイガーが参戦しています。また、DRADITIONは海外からも有名レスラーが参戦することも特徴で、「DRADITION 2017 SKY HIGH DRAGON ツアー」ではルチャ・リブレを代表する覆面レスラーのミル・マスカラスが参戦し、「DRADITION 2018 THE REVENGE TOUR」ではメキシコから「仮面の魔豹」の呼び名を持つエル・カネックが参戦したことで話題を集めました。2019年の興行では、獣神サンダー・ライガーや藤波辰爾の師匠であるアントニオ猪木が参戦することが決定するなど、DRADITIONは今一番アツいプロレス団体と言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート