チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

江戸川区花火大会のチケット一覧

江戸川区花火大会は、1976年に第一回が行われました。開催場所は、江戸川区にある篠崎公園先の河川敷です。2019年の開催日時は8月3日土曜日です。荒天の場合は8月4日、その日も打ち上げが出来ない際は中止になります。開催は河川敷をはさみ江戸川区、市川市での共同開催で行っています。2009年には、江戸川区と市川市側での合計の人手人数が139万人を記録しました。これは、当時の花火大会の観客動員数として日本一の数字です。大会の特徴としては、14,000発もの大量の打ち上げ花火と、色とりどりの花火と夜空の幻想的なコントラストです。演目は毎年変わりますが、過去には終盤に江戸川から吹きあがるような花火が特徴的な、ナイアガラの滝が人気の演目でした。オープニングは毎年の恒例となっています。5秒間に1,000発もの花火が一斉に打ちあがります。河川敷の空を色とりどりの花火たちが明るく照らします。また花火とともに流れるBGMも、会場を盛り上げる役割に花を添えています。

江戸川区花火大会の日程

すべての日程

エキサイティング花火2020 第45回江戸川区花火大会

江戸川区花火大会のチケットを都道府県で探す

江戸川区花火大会の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/8/3()
  • 19:15
都立篠崎公園先 江戸川河川敷

東京都

エキサイティング花火2019 第44回江戸川区花火大会
協賛席 4名様分となります。 打ち上げが目の前の特等席です。 都合があり行けそうにない可能性が高いので譲ります
1枚のみ28,000円/枚
  • 2018/8/4()
  • 19:15
都立篠崎公園先 江戸川河川敷

東京都

エキサイティング花火2018 第43回江戸川区花火大会
エキサイティング花火(チケット1枚で4名まで座れます)協賛者席
1枚のみ25,000円/枚

江戸川区花火大会の一番の魅力は、何と言っても打ち上げ数の多さと河川敷の夜景と花火の織りなす幻想的な風景です。8つのテーマごとに花火が姿かたちを変え、音楽とともに鮮やかに打ち上がっていく様子は見る人を魅了します。オープニングの1,000発の打ち上げ花火から、8つのテーマに合わせた演目、フィニッシュの花火のシャワーは、連続したストーリー仕立てのようで75分の開催時間があっという間に過ぎていきます。打ち上げ数は14,000発と、都内ではかなり多い数字のため、迫力ある演目を最後まで楽しめます。河川敷での打ち上げのため、河川敷を利用した演目も見られます。まるで川の中から噴水のように現れたり、川に流れる滝のような花火と水のコラボレーションはイリュージョンのようであり、今までになかった斬新なスタイルです。勿論、従来の趣ある打ち上げ花火も楽しむことが出来ます。迫力のある連続した打ち上げ花火の合間に、シンプルな伝統花火の一種である和火が存在感を表わします。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート