エゴラッピンのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,084枚、本日の新着チケット数683

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

エゴラッピン(EGO-WRAPPIN‘)のライブ・コンサートチケット一覧

エゴラッピン(EGO-WRAPPIN')は、1996年に大阪で結成された日本のユニットです。メンバーは、ボーカル&作詞作曲の中納良恵(なかのよしえ)と、ギター&作曲の森雅紀(もりまさき)の2人です。ともに大阪出身で結成時から関西を中心に活動していましたが、現在は拠点を東京においています。2000年にリリースされた「色彩のブルース」、2002年リリースの「くちばしにチェリー」などは新曲ながらもどこか懐かしい雰囲気をまとい、独自の世界観を築き上げた名曲で異例のロングヒットとなり、その名を全国区にしました。2人が織り成すエゴ・サウンドは、作品ごとに魅せる斬新な音楽性で注目を集め、ジャズやロックという音楽ジャンルを越えて音楽ファンに愛されています。2016年には結成20周年を迎え、ベスト&初のカバーアルバム「ROUTE 20 HIT THE ROAD」をリリース。野外で聴く「太陽盤」と屋内で聴く「月盤」、エゴ流カヴァーの「星盤」というCD3枚組となっています。また全国ツアーや日本武道館公演などでアニバーサリーイヤーを盛り上げました。これまで、ほぼすべてのアルバム&シングルをCDだけでなくアナログ(レコード)でもリリースしてきたエゴラッピンは、満を持して2018年度のRECORD STORE DAY JAPANアンバサダーに就任し、限定7インチアナログ盤として「A Little Dance SKA」をリリースしました。ライブ活動は国内にとどまらず、ヨーロッパ、アジアのフェスにも出演しています。2018年5月には中納が声帯炎を発症したものの、治療の末ステージに復帰。夏フェスなど精力的に出演しました。2001年から開催している「Midnight Dejavu」は、年末恒例のライブシリーズで、2018年は12月21日(金)、22(土)、24(月)に東京キネマ倶楽部にて、12月28日(金)、29(土)に大阪ユニバースで開催します。

エゴラッピン(EGO-WRAPPIN‘)の日程

すべての日程

EGO-WRAPPIN' HALL LOTTA LOVE ホールに溢れる愛を
EGO-WRAPPIN' Dream Baby Dream リリースツアー
2日券 CIRCLE '19
ライヴ・アース まつやま LiveEarth Matsuyama
1日券 GREENROOM FESTIVAL '19 15th Anniversary -5/26
1日券 JOIN ALIVE 2019 -7/13
1日券 FUJI ROCK 2019 -7/27
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全14件 1-14件目

エゴラッピン(EGO-WRAPPIN‘)のチケットを都道府県で探す





日本のジャズ界を代表するEGO-WRAPPIN‘(エゴラッピン)。ボーカルの中納良恵とギターの森雅樹の二人が、ジャズの中に日本歌謡を交えた独自の世界観を表現するオルタナティブなバンドです。昭和の歌謡曲を受け継ぐメロディーは、どこか郷愁を誘いますが、彼らの斬新で独特なスタイルが残ります。彼らは様々なバンドと対バンでライブを行うことが多いですが、近年では音楽フェスへの参加が多く、たくさんのオーディエンスを魅了し、精力的に活動しています。2012年から、夏に恒例のワンマンライブDance、Dance、Danceを東京の日比谷野外音楽堂と大阪の大阪城野外音楽堂で開催しています。良恵さんの力強い歌声と雅樹さんのギターに酔いしれ、一晩踊り明かす夏の夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。きっと例年とはひと味違った夏になること間違いなしです!


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口